使うたびに風合いと温かみを増す、【SUEKI CERAMICS / スエキセラミックス】の器☆

使うたびに風合いと温かみを増す、SUEKI CERAMICSのステキな器たちをご紹介します。和食だけじゃない、さまざまなシーンでお使いいただける器ばかりです。

2015/08/12更新
使うたびに風合いと温かみを増す、【SUEKI CERAMICS / スエキセラミックス】の器☆

SUEKI CERAMICS(スエキセラミックス)とは?


出典:http://sue-ki.com/#concept

自然にめぐまれ、おだやかな田園風景に彩られた徳島県鳴門市大麻町、大谷焼の里で最も古い歴史を持つ窯元から誕生した「SUEKI CERAMICS」(スエキセラミックス)。やきものを示す陶物(すえもの)という言葉と、縄文式・弥生式土器などの後に登場して今日の陶芸方法が確立したとされる須恵器(すえき)にちなんで命名されました。

 

広告

 

大谷の赤土や阿波の青石など地元産の材料を選び抜き、2万種類以上のテストを重ねて開発した釉薬による「SUEKI CERAMICS」ならではの色合いにも注目したいところです。


 


出典:http://sue-ki.com/#products

シーンを問わず、さまざまな料理に調和する実用性と端正なデザインが特徴の「SUEKI CERAMICS」は、使うたびに風合いや温かみが増します。硬く焼き締めることのできる磁器土を使った耐久性のある器なので、長年愛用することができます。

 


出典:http://sue-ki.com/#products

仕上げの段階で、大谷の赤土を吹きつけた底の部分に1点ずつ手作業で書き込んでいくロゴは「SUEKI CERAMICS」にかける想いそのもの。大切な人と囲む日々の食卓がさらにおいしく、喜び溢れるひとときになることを願って書かれています。そんな願いを込められたSUEKI CERAMICSの温かみある器をご紹介します。和食だけじゃない、さまざまなシーンでお使いいただける器ばかりです。

 

SUEKI CERAMICSの温かみある器をご紹介☆

OOTANIシリーズ

幅広い色彩表現を可能にする材料を使い、しっとりと落ち着きのある風合いを実現したOOTANIシリーズ。2万種類を超える釉薬のテストの中から、アイボリー、ブラウン、ダークグリーン、アッシュブルー、スチールブルーという実用性と個性を兼ねそなえた5色が厳選されました。


 

微妙なくすみがまた味があって美しい。毎日使いたくなる落ち着きのある色合いとフォルムですね。食洗機、電子レンジの使用は可能ですが、オーブンのご使用はできませんのでご注意ください。


 

焼菓子に映えるダークグリーン。なかなか見かけないサイズとカラーですが、使い勝手良さそうです。


 

110 Bowl  2200円。スープなどに使えそうなボウル。


 

220 plate 3500円。シンプルなデザインにお気に入りのカラーを選んで。全色揃えるのもアリですね。


 

260 square plate 3600円。角の丸い四角いプレートがカワイイですね。自分用はもちろん、ゲストへのお茶うけをのせるのにも重宝しそうです。


 

AOISHIシリーズ

日本庭園などで使われる庭石として知られる阿波の青石を粉々に砕いて配合された器。焼成時に流れやすい性質を持つ青石を釉薬に用いた例はほとんどなく、試行錯誤を重ねた末に完成されました。青石のガラス質と結晶化した繊維質が生み出す、2トーンのむら(濃淡)が特徴です。カラーはホワイト、ブラウン、オリーブグリーン、ブルーの4種類。1点ずつ、わずかに異なる表情が楽しめるAOISHIシリーズは、受注生産のみ。


 

そんな試行錯誤を乗り越えた器は、一度手にしてみたい代物ですね。こちらもOOTANIシリーズ同様、食洗機、電子レンジの使用は可能ですが、オーブンのご使用はできません。


 

ブルーのプレートの使用例はこんな感じです。難しそうなカラーですが、案外どんな食材にも合いそうです。


 

シックなカラーのワンプレートランチ。カフェみたいなカッコいいコーディネートにキマってます。


 

SUEKI CERAMICSを使ってBBQ!!いつものBBQもなんだかグレードアップ?!


以上、SUEKI CERAMICSの商品と、使用例をいくつかご紹介しました。どんな食材も合わせやすそうですし、様々なシーンで大活躍してくれそうです。耐久性が高いのも嬉しいポイント。使うたびに風合いと温かみを増す、SUEKI CERAMICSの器。ぜひ一度手にしてみたい食器です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者

hoccori0710

hoccori0710

有名ファッションチェーン店や雑貨店に勤務経験のある、2歳の男児子育て中のママです。