白基調☆海外アパートに見る素敵なインテリア空間まとめ♪

海外のアパートでオシャレな暮らしをしている人のお部屋は、白を基調にしたインテリアを取り入れている場合が多いです。シンプルでありながら殺風景にならず、住んでいる人の個性がいい感じに表れているお部屋が多いんですよね。その一部をまとめてみました。

2016/08/05 更新
白基調☆海外アパートに見る素敵なインテリア空間まとめ♪

「白基調のインテリア」と聞いて、どんなイメージが浮かびますか?クールでスタイリッシュで生活感を感じさせない、オシャレなモデルルームのようなイメージでしょうか。海外のアパートでオシャレな暮らしをしている人のお部屋は、白を基調にしたインテリアを取り入れている場合が多いです。シンプルでありながら殺風景にならず、住んでいる人の個性がいい感じに表れているお部屋が多いんですよね。そのような海外アパートの例を見ていると、参考になることがたくさんありそうです☆

白基調の海外アパートの素敵な空間例☆

こちらは、スウェーデンの屋根裏部屋つきのアパートです。真っ白な壁を基調として、明るい色のフローリングや壁にはめ込まれたレンガが、ぬくもり感を与えていますね。カーペットやクッションなどの小物に、柄の大きいものを選んでいるところが、外国のインテリアらしくて素敵ですね。


 

こんな勉強スペース、憧れますよね。


 

広告

 

アパートとはいえ、遊びのある空間を作るのを忘れません。こういう余裕って、羨ましいですよね。


 

モノトーンな印象が、クールでカッコいい♪


 

物が多くても、雑然した印象にならないのが不思議。


 

画家のご夫婦が暮らしているという、アトリエ兼アパートです。開放感のある広いスペースは理想的。


 

キッチンも居心地良く

狭いアパートは、日本に限ったものではありません。海外のアパートでも、狭いワンルームの端っこにちょっとしたキッチンスペースのついているだけの、簡素なアパートも多いようです。それでも、生活スタイルに合わせて無駄なものを省きつつ、自分好みのインテリアになるように試行錯誤しているんですね。


 

こちらはスウェーデンの1LDKのアパート。白基調の狭いスペースのキッチンに、オレンジ色でアクセントを加え、自分にとって居心地の良い場所になるよう工夫しています。こういう部分って、日本にいても参考にできそうですよね☆


 

白基調のインテリアをマネしちゃおう♪

日本のアパートでも、工夫次第で、海外アパートのようにオシャレな空間に生まれ変わるかも!?そのための第一歩として、白を基調としたインテリアに着目してみましょう。一見ハードルが高そうですが、ちょっと視点を変えてみると、案外簡単にできちゃうかもしれません。

 

部屋を広く見せる効果あり

壁紙に白が使われていたら、家具や小物も白系に揃えてみましょう。そうすると、部屋の印象が滑らかになり、すっきりと広く見えるんです。圧迫感がなくなって、精神的にも良い効果がありそうですね。ただ、白一色だと殺風景になってしまうので、差し色をプラスするといいですね。


 

DIYでよりオシャレに

壁面や天井との境目に、薄い板を加工して貼り付けた、エレガントな装飾。このような装飾に使う薄い板は、「モールディング」といわれるもので、ヨーロピアン調のインテリアによく用いられているそうです。この板は通販でも買うことができるようなので、「もう少し女性らしい雰囲気にしたいな」「部屋がシンプルすぎて、少し寂しいな」という時のプチリフォームにいいかもしれませんね。


 

まとめ

日本のアパートは、壁紙に白を使っているところが比較的多いようです。なので、白基調のインテリアに挑戦するには、実はもってこいなんです!シンプルさを土台に、自分なりの個性が加えられたお部屋を作っていけたら素敵ですね♪

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!