この大きさなら作れるかも?小さなプールのある住宅♪

プールの付いている住宅や、日本の住宅に設けられそうな小さなプールに注目してみました。リゾート&ラグジュアリーの代表選手のようなプールですが、小さなサイズは生活に寄り添い、プライバシーやガーデンを豊かにしてくれるものではないでしょうか?

2016/08/13 更新
この大きさなら作れるかも?小さなプールのある住宅♪

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

住宅好きなら、一度は過ごしてみたいと思ったことがあるでしょう、プール付きの住宅。そんなの海外のドラマにしか出てこないし、第一そんな庭のスペースは無い…と思っていたら、やはり世界にはいろいろな例があるものです。ヒューマンスケールの小さなプールや、インテリアとの距離感がとても近いプールまで、生活に密着しているプールをピックアップしました。

住宅との「近さ」が素晴らしい

庭にプールを作るのではなく、建物とセットでプールが考えられているのが、ともて素敵。現代的ですね。大きく開けた開口部は庭とリビング、そしてプールを一体化してくれるでしょう。まさしく「プールと共に暮らす」家ですね。建物を切り詰めでも、やってみる価値のあるアイデアではないでしょうか?


 

広告

 

ツリーガーデン、アウトドアリビング、プール

プール、木陰を落とす大きな木、アウトドアリビングを、すべてが完璧に揃っているガーデン。小さなプールで、いわゆるリゾートライクなデザインとは異なりますが、この使い込まれたウッドデッキにはリアリティがあります。


 

プライベートな寛ぎタイムを喚起させるプール

ボリュームある植物達に囲まれた、ナチュラルな雰囲気のプール。ゲストに「見せる」ためではなく、あくまでプライベートに寛ぐためのものであれば、このサイズでも十分ですよね。


 

プライベートなテラスのプール

奇を衒わず、また過度のデコレーションも必要ない、プライベートなプールが逆にかっこよく感じるのはなぜでしょう?ザックリとあけられた床の開口にステップを仕込んで、水をためただけ。そんな気取らなさも、プールの魅力になりえます。


 

ベッドルームから直行するプール

リビングだけじゃありません、ベッドルームから直接入れるプールがあってもいいのでは!?このサイズ感といい、位置関係といい、プライバシーの高いプールも素敵ですね。


 

ガーデンの一角に、泉のようなプールが涼しげ

プールのように使うこともできるし、入らずともガーデンのランドスケースとして成り立ってしまう、一人二役なプール。必ずしもドボンと浸かるのがプールと思わなければ、小さなサイズも許容できますね。


 

屋外と一体化できる大きな開口部に、プールをあわせる

いただきます、ごちそうさまからプールに飛び込むまでまで約1秒。インドアを大きく開放できるようにしてあるので、プールもダイニングも一つの部屋のように使うことができますね!


 

リビングから足を浸せるプールなんて最高です

窓を開ければ即プール。床に座って、足をプールに浸したり、そのまま泳ぐこともできてしまうダイレクト感が凄いです。


 

コンテナ、テントルーフ、そしてプール

コンテナ、ルーフ、そしてプールが一体的に計画されたスモールハウス。アメリカで売りに出されているコンテナハウスです。お値段$49000(1$=120円で600万円弱)というから、リーズナブルな週末住宅という位置づけ。屋外でレジャーを楽しむには最適、そしてミニマムなプールもちょうどいい大きさです。


 

おわりに

ゴージャスなリゾートを想像しがちなプールつき住宅ですが、それだけではないことがお分かりいただけましたか?ひっそりをプライベートで楽しむプールや、寛ぐ「露天風呂」的なプール。リビングとの「近さ」が売りのプール。ガーデンの清涼感UPに一役買ってくれる、「泉」的なプール。自宅でもセカンドハウスでも、屋外で過ごすのが楽しいこれからの季節の参考にしてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/72505

シェアしよう!