DIYで窓辺をオリジナル空間に!カーテン&窓周りのインテリア実例集

カーテンやカーテンボックス、そして窓周りはインテリアを決める重要な場所。とはいえ、大きな面積を誇る場所だけになかなか手を付けられない…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、手作りで窓辺をお洒落に大変身させた実例をご紹介します。

公開日:2018/03/22
著者:
DIYで窓辺をオリジナル空間に!カーテン&窓周りのインテリア実例集

著者名

mochi_kinako

mochi_kinako

レトロなもの、プチプラなものが大好きな一児の母です。築30年以上のマンションに住んでおり、毎日のように模様替えや雑貨の配置変えを楽しんでいます。どうぞよろしくお願いいたします。

カーテンやカーテンボックス、そして窓周りはインテリアを決める重要な場所。とはいえ、大きな面積を誇る場所だけになかなか手を付けられない…という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、手作りで窓辺をお洒落に大変身させた実例をご紹介します。すぐにできるアイディアもたくさんあるので、真似っこしてインテリアを楽しんでみてください☆

手作りだから、すてき♡おしゃれなカーテン&窓周り

100均リメイクで

100円ショップの端切れやレースなどを使ったという、ガーリーなカーテンです。

元々カーテンレールが付いていなかったところに取り付けたというから、驚きですね。既に端処理がされている端切れを使うと、時短になります。

詳しい作り方はこちら


 

広告

 

お風呂場の小窓にも

お風呂場の小窓の目隠しについて、悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。そんな悩みを解消するアイディアが、こちら。

濡れてもOKな素材で作られているので、シャワーの水が飛んでも安心です。ステンドグラスシートが、印象的ですね。

詳しい作り方はこちら


 

和室にもカーテンを

和室にはつきものの、障子。そんな障子を外してカーテンにした実例です。

ホームセンターと100円ショップの材料で、おしゃれな窓辺に大変身です。シンプルなカーテンで、外のグリーンの影がきれいに映っていますね。

詳しい作り方はこちら


 

なんちゃってカーテンで、窓辺を愛らしく

窓辺にぴったりサイズの窓枠を作って、はめ込んでいる実例です。

おしゃれなカフェカーテンは、実は実際にカーテンではなく「カーテン風」の飾り。食器棚や小さな小窓で真似っこしてみたいアイディアです。

詳しい作り方はこちら


 

カーテンレールがないところにも

universtworks

突っ張り棒と、フック付きピンチを使ったカーテンアイディアです。

これなら、カーテンレールがない窓辺や更にカーテンをプラスしたい場所にも、気軽にカーテンをかけられます。

ラフにかけられたカーテンも、おしゃれな雰囲気ですね。棚など目隠ししたい場所に応用できるアイディアです。


 

手ぬぐいをリメイクして

universtworks

こちらは、手ぬぐいを3枚つなげて作ったカーテンです。

突っ張り棒とカーテンレールで固定しているので、開け閉めも自由自在。手ぬぐいは、100円ショップでも種類豊富に揃っています。


 

カーテンタッセルにも、こだわってみて

pink.m.k

こちらは、ニトリのシダーボールを使ったカーテンタッセルです。

ボールに穴をあけて、ひもを通したのだそう。カーテンタッセルにもこだわると、より窓辺がおしゃれに決まりそうですね。


 

100均リメイクで、オリジナルカーテンタッセル

yriiiiik815

こちらは、100円ショップのカーテンタッセルをアレンジした実例です。

文字部分に色を入れただけ、とのことですが、とても印象的な窓辺になっていますね。手作りに自信がない、という方でも簡単なので、ぜひやってみてください。


 

セパレートカーテンを、ロールカーテンに

開けた時に窓辺がスッキリとするロールカーテンは、憧れる人も多いアイテム。

そんなロールカーテンを、なんと手作りしたという実例です。自分の好きな布を使えば、オリジナルの窓辺に大変身です。

詳しい作り方はこちら


 

外国風に♡

makochi.m

オーニング風のアクセントが愛らしい窓辺です。こちらのオーニング風カーテンは、ブラケット金具に棒を固定し、そこに布を垂らしているのだそう。

まるで外国のカフェ窓のようで、うっとりとしてしまいます。


 

カーテンの材料は、麻袋!

mirionrose

布で作るイメージの強いカーテンですが、麻袋で作るとこんなにおしゃれに決まります。

程よい透け感は、光もきちんと通してくれます。ざっくりとした質感は、インテリアの印象をガラリと変えてくれそうですね。


 

 

原状回復可能なカーテンボックス

どんなにおしゃれなカーテンをかけても、インテリア性の低いカーテンレールが見えてしまっては見栄えがイマイチ。

そんなときには、カーテンボックスをつけるととてもおしゃれになります。

こちらは、原状回復OKなアイディア。ワイヤーで固定してあるだけなので、気軽につけ外しができます。

詳しい作り方はこちら


 

オリエンタル風も

こちらは、100円ショップの棚受け金具でカーテンボックスを固定している実例です。

モールディングなどをほどこしてあり、オリエンタル風な雰囲気に仕上がっています。

詳しい作り方はこちら


 

男前な窓辺にも!

こちらは、男前風のカーテンボックスです。ステンシルがとってもかっこいいですね。

L字金具でしっかりと固定してあるので、ディスプレイコーナーとしても活用できます。レンガ風壁紙とも、よく合いますね。

詳しい作り方はこちら


 

カーテンの代わりに、リネンワンピースを

少しは目隠しをしたいけれど、そこまできちんと目隠しをしなくてもいい、という場所には思い切ってカーテンではなく、お洋服を吊るすのもおすすめ。

こちらの実例のようにふんわりとした白いワンピースをかけると、洋書の一ページのような雰囲気になります。


 

まとめ

カーテン本体はもちろん、カーテンタッセルやカーテンボックスなどにもこだわった実例をご紹介しました。

毎日必ず開け閉めするカーテン。ぜひお気に入りのアレンジを加えて、よりインテリア性の高い空間にしてみてください♡毎日の生活が楽しくなりますよ!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。