明るいだけが能じゃない?光、広がり、景色、吹き抜け…バラエティに富むトップライトのあるインテリア

トップライトのあるインテリアを紹介しています。単純に明るくするだけではなく、景色の切り取り方、外との一体感をもたらす、境界をあいまいにする、など、バリエーション豊かなトップライトの効果を、楽しんでいただければと思います。

2015/05/30更新
明るいだけが能じゃない?光、広がり、景色、吹き抜け…バラエティに富むトップライトのあるインテリア

出典:http://roomclip.jp

突然ですが、マンション住まいと、新築の住まい、大きな違いって何でしょうか?答えは、天窓(トップライト、スカイライト)を設けることができるか否か、ということです。

ごく一部の例を除いて、マンションは上にもフロアがありますし、改修でトップライトを設けることはできません。でも戸建てなら、上には空があるばかり。

たとえ両脇が立て込んでいて、サイドからの光が取れなかったとしても、トップライトによって、空からの光を取り込むことができるわけです。

そのトップライトですが、明るさだけじゃなく、インテリアにいろいろな効果をもたらしてくれるんです。

 

広告

 

キッチン with スカイライト

明るいキッチン、素敵です。天空光は、万遍なく明るくしてくれるので、キッチンのアンビエントライトにちょうどいいですね。


 

同じくキッチンにトップライトを設けた例です。料理していなくても、ここでずっと過ごしたくなるようなキッチンですね。連続したトップライトは、壁面をスッキリと見せてくれる効果もあります。


 

ディテールの美しい、コンパクトなキッチンwithトップライトです。フレームがないように処理されているので、空がまるで絵画のよう。よりダイレクトに景色が感じられます。


 

ウォータースカイライト

誰しもが一度はやってみたいと思うのではないでしょうか。トップライトをプールにして、降り注ぐ光に動きを与えます。


 

プールスカイライト

プールの底をガラスにしたスカイライトです。テラスの採光や屋根を兼ねると同時に、ファンタスティックなアメニティにもなっているアイデアです。


 

広がりを生むためのスカイライト

壁窓からスカイライトへ、連続して開口部が設けられることで、外との一体感が感じられる効果があります。外のテラスにでる床が室内と同じレベルに設定されているのも、もちろん連続性を意識したものです。


 

サニタリールーム with スカイライト

サニタリーに自然光をタップリ取り入れるこのアイデア、素晴らしいですね。最小限の窓と照明の組み合わせになってしまいがちな洗面所を、ラグジュアリーなスペースに変えてくれます。上部を覆う樹木がいい感じに木漏れ日を落としてくれそうです。


 

吸い込まれるようなスカイライト

立ち上がりの角を丸めて、吸い込まれていくような視覚を狙ったトップライトです。降り注ぐ光にあわせてインテリアのディテールを決めてあげると、絶大な効果が生まれます。ぼんやりと瞑想したくなりますね。


 

ダイニングテーブルにあわせた吹き抜けに2階から光が降り注ぐ

空が見えるだけがトップライトではありません。暗くなりがちな1階のダイニングを、吹き抜けを通じて明るくするアイデアです。空間の繋がりを作りながら、陰影のコントラスト(落ち着きのある1階、活動的な2階)をもたらしてくれています。


 

おわりに

トップライトのバリエーションの豊かさ。

単純に採光するだけではなく、空間のつながりや、見え方のおもしろさ、水を使って動きを与える、などさまざまな効果がありますね。

是非、住空間の窓を考えるときの参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ

著者名

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。