おしゃれなNYのアパートからインテリアのテクニックを学ぼう♪

インテリアの雑誌にも取り上げられるほど人気のある、ニューヨーカーたちの洗練されたセンスとアイデア。限られた空間の中で快適に過ごせる、スタイリッシュで実用的なそのテクニックを紹介します!

2016/07/24更新
おしゃれなNYのアパートからインテリアのテクニックを学ぼう♪

 NYのインテリアには おしゃれなテクニックがいっぱい♪

人口が多く人の入れ替わりも激しいニューヨークは、実は賃貸物件の激戦区でもあるんです。ニューヨークの物件は間取りの狭いものも多くあり、ニューヨーカーたちはその限られたスペースを使って快適に過ごせるように知恵を重ねてきました。

また四角い建物ばかりのなかで、オリジナリティを出すために内装にも工夫を凝らしています。その洗練されたセンスの良さでニューヨークのアパートメントは、インテリアの雑誌にも取り上げられるほど人気が高いんですよ。

ニューヨーカーのおしゃれな部屋からヒントをもらって、心地よい空間を手に入れてみませんか?


 

お部屋の雰囲気は色使いで☆

インテリアのテイストを決めるのに重要なのは、色の使い方ですよね。基本になる色やアクセントにしたい差し色、使いたい家具の色味も合わせたくなります。ニューヨーカーたちはどんな色使いをしているのか見てみましょう!

 

ナチュラルなアースカラーの壁と床のブラウンに、黒を合わせています。差し色の赤がとっても映える部屋になっていますよね。クッションのロゴといい、アメリカンテイストなインテリアに仕上がっています。


 

さわやかな白に、木のぬくもりを感じさせる木目の家具を合わせています。差し色には、植物のグリーンをうまく活用しています。ナチュラルな空気感の中に、天井から吊られているライトが都会的な雰囲気を添えていますよね。


 

ミントブルーが可愛い、ガーリーなお部屋です。甘くなりすぎないように、ソファの黒が引き締めていますよね。テーブル代わりのボックスは、収納用品としても利用できるんですよ。


 

レンガの質感に特徴があるこちらのキッチンは、差し色のグリーンが鮮やかで印象的です。ポップで明るい室内が素敵ですよね!


 

広告

 

ピンクのソファが愛らしいこちらのお部屋は、スイートなアイテムが多いのに対して甘くなりすぎていませんよね。大きな柄のクッションを差し色として空間にアクセントをいれていたり、ラグの色味を少し暗めに抑えていたりといった工夫をしています。

また、照明器具にもこだわっていて、ハイセンスで素敵なものが多く使われているんですよ。絵が積極的にインテリアに取り入れられているのもポイントですね!


 

収納だっておしゃれに☆

限られたスペースでは、物の収納は大問題です!見せたり隠したり、工夫してお部屋をスッキリとさせています。

 

まるでショップのように、綺麗にレイアウトすることによって「見せる」収納にしてしまっています。毎日のワードローブを選ぶのも、簡単にできますよね!


 

こちらも本や小物を見せるインテリアですが、一見無造作に置かれているように見えて実は左右対称になっているなど小技がきいています。


 

見せるものと隠したいもののメリハリをつけて収納しています。カラーで区分けする、本のレイアウトのやり方も可愛いですね。


 

棚の中身はボックスとカゴで完全に目隠しをしています。その上に小物や絵をレイアウトして、軽めの印象に仕上げていますよね。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!