アレンジしやすいホワイトインテリア♡白ベースのインテリアで心癒す空間作りをしてみませんか?

インテリアを決める時に、「色」はとても重要です。色の組み合わせにより大きく印象が変わります。今回は白をベースにしたシンプルなインテリアの素敵なお部屋をご紹介します。

2016/07/18 更新
アレンジしやすいホワイトインテリア♡白ベースのインテリアで心癒す空間作りをしてみませんか?

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

白のインテリアの効果


インテリアを白ベースにすることにより、以下の効果が感じれます。

  • 清潔な印象がある
  • 部屋が広く感じる
  • さわやかな気分になる

 

広告

 

白がベースのインテリアの例

白色はバリエーション豊かに様々な表情を作り出すことができるカラーです。白を使って、シンプルに、ナチュラルに、モダンに、華やかに、あなた次第でどんな風にも作り出すことができるのです。

 

白い壁に白い家具で優しいイメージの中、大きなガラス戸の向こうには鮮やかな緑が映えています。その緑と白のコントラスがさわやかな雰囲気を作り出しています。


 

青と白のコントラストが綺麗なインテリアです。


 

オフホワイトとベージュのインテリアです。真っ白ではなくオフホワイトにすることで女性らしさがあふれた柔らかな雰囲気がでます。


 

真っ白なインテリアは清潔感があふれています。アクセントの黒色がポイントです。


 

真っ白の色というのは味気なく感じる時もあるのですが、この部屋の場合は床があたたかみのある古びた木のため、全体の白色が優しい色に感じます。


 

白のキッチンは清潔感があふれています。ところどころに見えるブラウンが優しいアクセントになっています。


 

大きな窓からのたくさんの光が、白のインテリアをより一層美しく引き立てています。その中で椅子や花の色をポップなカラーの黄色にしているところがオシャレインテリアのポイントです。


 

すべてが白ではなく、壁や床は白とは逆の重みのある色味にして、大きなインテリアを壁に飾ることにより、重厚感のあるお部屋になります。


白い家具に白い壁、そこにあえて白いフォトフレームをたくさん飾るとオシャレですね。


 

 

ホワイトウッドがナチュラル感をだしています。


 

全体が白なのに対し、青や水色、透明感のある瓶がディスプレイされていることにより、さわやかで涼しげな雰囲気のお部屋になっています。


 

白をベースにしたインテリアはとてもさわやかで素敵です。その後のアレンジもしやすいです。観葉植物などのグリーンをいれるとナチュラルカントリーの雰囲気がだせたり、明るいカラーをアクセントに入れると、ポップな雰囲気も出せます。そしてなにより大事なことは「居心地のよさ」です。自分にとって「気持ちいい空間」をたくさん作りだしましょう。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!