取り入れたいインテリアNo.1!ブルックリンテイストのインテリアコーデまとめ☆

海外ドラマや映画の舞台にもなるアメリカ・ニューヨーク。映画のヒロインのように、オシャレなブルックリンスタイルのインテリアコーディネートって憧れですよね。ここで紹介するインテリアを参考にトレンドを先取りしてみませんか?好みのインテリアが必ずあるはず♡

2016/08/13更新
取り入れたいインテリアNo.1!ブルックリンテイストのインテリアコーデまとめ☆

リビングはくつろげる空間を意識して♡

モダン×ヴィンテージのミックススタイル

海外ドラマや映画でも、主人公がゆっくりくつろぐ姿が印象的なリビング。その家の主役ともいえる大切な空間ですよね。ブルックリンという地区は古い建造物が多く、モダンヴィンテージのイメージが強い街です。

 

こちらはモダン×ヴィンテージのミックスインテリアスタイルです。ソファなど大きめの家具はダークトーンを使ったり、内装にもレンガを使ったりするだけで、モダンヴィンテージのインテリアスタイルが作れるんです。レンガの内装は壁紙で簡単に再現できるので、取り入れやすいのではないでしょうか。


 

広告

 

明るめカラーもブルックリンらしく

こちらは映画「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公・キャリーがリノベーションした部屋。ベストセラー作家なったキャリーの設定が反映されたインテリアで、ブルーのクロスが目を引く内装です。


 

家具は白で統一され。ソファ・ラグ・アートなどの飾りでアクセントをつけていて、とても華やかな女性らしいブルックリンスタイルのインテリアです。現代女性らしい明るい印象が伝わる内装でこちらも人気です。


 

キッチン・ダイニングもオシャレな空間に

テイストが違うものが集まりやすいキッチン・ダイニング。「計算されているけれど無造作に見える」ようにインテリアするのがポイント。細かいキッチンツールのインテリアは、ブルックリンスタイルを作るのにとても重要なんです。

 

絶妙なバランスでいい雰囲気を作る

白のクロスに、優しい色合いと木目が印象的なウッドスタイルの家具を配置したスタイルです。配置しているチェアはテイストが違うものですが、しっかりインテリアに合っていますよね。他の家具やキッチンツールとの色合い・バランスもお手本にしやすいスタイルです。


 

身近なグッズで作るブルックリンスタイル

映画にそのまま出てきそうな、とても温かみのあるインテリアスタイルです。レンガ模様のクロスを貼ることで、ヴィンテージ感が演出できています。


 

棚に並んだメイソンジャーがブルックリンスタイルらしいキッチンインテリアです。置かれている小物とラックの空間バランスが絶妙なので、うまくインテリアに取り入れたいですよね!ブルックリンスタイルのキッチン・ダイニングでは、木材でできた家具やキッチンツールが多く使用されています。レンガクロスや細かなグッズは、どれも100均やホームセンターで手軽に手に入るものばかり。思いのままのブルックリンスタイルが作れます。


 

バスルームは”シックでモダン”な雰囲気。

ブルックリンスタイルのバスルームは、リビング・キッチン・ダイニングとは違い、シックでモダンな雰囲気が多いのが特徴です。

 

白を基調としているけれど・・・

白を基調としているバスルーム。統一感の中に大きな存在感を放っている大きな鏡がインテリアのアクセントとして目立ちます。シックな雰囲気の中に、アンティーク調の家具を置くのもブルックリンスタイルとして取り入れたいインテリアのひとつです。


 

グレー×パープル=???

グレー×パープルで洗練された大人のためのバスルームが完成します。シンプルな内装と最小限の小物がインテリアのポイント。使われているのはグレイッシュタイルというもので、汚れが目立たないのが特徴です。


 

ベッドルームは”テキスタイル”でアクセントを

一日の終わりにゆっくりくつろぐ場所として大切なベッドルーム。ブルックリンスタイルで取り入れたいインテリアは”テキスタイル”なんです。

 

ベッドに使われているテキスタイルリネンが印象的なベッドルームです。サイドボードや壁のインテリアも、テキスタイルリネンと調和がとれています。ブルックリンスタイルでは、ベッドルームにひとつでも暖色系のカラーを置くのがポイントです。


 

高い天井が印象的なベッドルームです。レンガ調の壁とフローリングでブルックリンスタイルならではのインテリアになっています。


 

意外と簡単に取り入れられる、ブルックリンスタイルのインテリア。あなたもチャレンジしてみてはいかがですか?

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!