幻想的な夜を楽しみたい!海外のランタンDIYアイディア実例集☆

ランタンといえば、日本ではアウトドアで使うイメージがありますが、海外では火を灯すものを全てランタンと呼ぶようです。外が気持ちよくなってきた時期だからこそ、ランタンに灯されて夜を楽しむのも素敵ですね。今回は海外でのランタンのアイディアをご紹介します。

2017/05/09 更新
著者:
幻想的な夜を楽しみたい!海外のランタンDIYアイディア実例集☆

著者名

anko

anko

小さい頃から雑貨屋さんになりたかった30代女子。自然素材の小物や家具でのインテリアコーディネートに憧れます。

ランタンといえば、日本ではアウトドアで使うイメージがありますが、海外では火を灯すものを全てランタンと呼ぶようです。外が気持ちよくなってきた時期だからこそ、ランタンに灯されて夜を楽しむのも素敵ですね。今回は海外でのランタンのアイディアをご紹介します。ほとんどが自分でも作れるものなので、夏に向けて制作するのも楽しいですよ。

夜も楽しみたい!海外のランタンアイディア集

ガラスとの相性は抜群!

出典:pinterest.com

日本でも大ブームになったメイソンジャーは、インテリアでも大人気ですよね。耐熱性に優れているのでキャンドルライトやLEDランプを入れればランタンとしても使えます。ガラス二重構造になっている為少し重いので、しっかり固定できるところで使うのが良さそうですね。


 

出典:pinterest.com

こちらはディナーパーティーのテーブルコーディネートとして作られたそうなのですが、枝とキャンドルと小鳥がとてもドリーミー。こんなかわいらしいものであればインテリアで置いておくのも素敵ですね。


 

広告

 

出典:pinterest.com

レザーの取手を付けると落ち着いた大人の雰囲気に。シックな雰囲気にも合いそうですよね。レザーは強度もあるので、お庭のデッキやキャンプにも使えそうです。


 

出典:pinterest.com

表面に凹凸が入っているガラスのものだと、光が拡散して淡い雰囲気になりますね。レザーはアンティークのガラスの瓶などとの相性も抜群です。


 

出典:pinterest.com

ビンのガラス部分にレザーを巻いて。星形にくり抜いたり、文字を入れて可愛らしく仕上げています。


 

出典:pinterest.com

ウッディなビーズでハンギングすると、アジアンな雰囲気にも。


 

出典:pinterest.com

麻紐でマクラメを編んで。マクラメ×マリンテイストは鉄板ですね。貝などをいれて、インテリアの一部として飾っても素敵です。


 

モロッカン風ランタンでボヘミアンスタイルにも

出典:pinterest.com

モロッコ風ランタンは、置くだけでボヘミアンな雰囲気に。ランタンから漏れ出す光が、幻想的な夜の演出にもぴったり。


 

出典:pinterest.com

こちらはDIYでモロッコ風のランタンを作るやり方です。ガラスの内面をガラス専用のエナメル塗料などでコーティングして、3Dペンで模様を描くだけ。ラインストーンを付けるとよりオシャレに。作る楽しみも味わえちゃいます。


 

出典:pinterest.com

浅いビンでつくるのも可愛いですね。小物入れなどにもよさそうです。


 

 

一から制作することもできます

出典:pinterest.com

空き缶に塗装し、釘で穴を開けて取っ手を付けるだけで、空き缶も素敵なランタンに。お部屋や気分によって手軽に制作できるところもGOODです。


 

出典:pinterest.com

空き缶に切れ込みを入れて作る方法です。形が提灯のようで可愛いです。いくつか重ねて吊るしてもかわいいですね。


 

出典:pinterest.com

こちらはハロウィンのカボチャ、ジャックオーランタンを星空風に仕上げたもの。こんな素敵なジャックオーランタンであれば、一年中飾っていたいですね。


 

出典:pinterest.com

麻紐、ボールと接着剤と作りたい大きさの風船があれば、簡単にボール型のランタンを作ることができるようです。コットンの紐でも作れるということなので、ボールをカラフルにしたり、LEDの色を変えてみても楽しいですね。


 

出典:pinterest.com

お気に入りの流木が見つかったら流木のライトをDIYしてみては。流木のシルエットがライトに照らされて、幻想的な雰囲気になっています。


 

出典:pinterest.com

ホームセンターなどで木材が手にはいれば、こんな自作のランタンも出来ますよ!ペンキやスプレーで木材のカラーを変えることも簡単なので、外だけでなくインテリアとしても使えそうです。


 

出典:pinterest.com

自分でも加工がしやすいものと言えばやはり紙でしょう。柔らかく照らしてくれ、穏やかな気持ちになれますよね。ベッドルームなど、リラックスしたい場所との相性がよさそうです。


 

まとめ

いかがでしたでしょうか?海外では自由な発想でランタンを作っていますよね。もし一味違ったランタンを探されているのであれば、海外のランタンを参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!

関連タグ