縦型だから超スリム。「+α」の収納も叶えるTOWERブレッドケース

ブレッドケースというと横長のものが多いですよね。なんとなく場所を取ってしまうイメージがありませんか?実は、TOWERから縦長タイプのブレッドケースが販売されています。しかもパンだけでなく「+α」の収納も叶えてくれる便利なアイテム。

更新日:
縦型だから超スリム。「+α」の収納も叶えるTOWERブレッドケース
mai

mai

ライター

リビングスタイリスト2級、1児の母です。パンよりコメ派で納豆が好き。カスタネットとKazoo演奏にもはまっています。生活に彩りを与えるようなアツイ記事をお届けし、みなさんの毎日をビタミンのように応援できたらと思います。

縦型でスリムなTOWERのブレッドケース

ブレッドケースというと横長のものが多いですよね。なんとなく場所を取ってしまうイメージがありませんか?

実は、TOWERから縦長タイプのブレッドケースが販売されています。しかもパンだけでなく「+α」の収納も叶えてくれる便利なアイテム。

縦型ケースだからこその魅力を徹底解説していきます!

※価格は公開時の情報をもとに記載しております。価格変更や売り切れの場合もありますので、各商品ページをご確認ください。

今すぐ購入する

 

ブレッドケースとは思えない佇まい

ブレッドケースとは思えない佇まい

「ブレッドケースは場所を取ってしまうのでは」というイメージを覆すようなフォルム。それがTOWERの「ブレッドケース スリム」です。

こんなにもスリムなのに機能性は抜群。使わずにはいられない魅力が詰まっています。


 

縦型だからこそできる「+α」の収納

パン以外も置けるスリムなブレッドケース

パン以外も置けるスリムなブレッドケース

ブレッドケースはパンを入れるものという認識がありますが、このブレッドケースはそれ以外の食品収納もOK。

パンを入れてもこのようにたっぷりと余裕があります。軽食や朝食の保管庫のような位置づけで使えますよ。


 

縦型だから背の高いビン類も収納できる

縦型だから背の高いビン類も収納できる

背の高いビン類を収納できるのは縦型タイプならではの強みですね。ワインやオリーブオイルなど、パンと一緒に嗜みたいものを一緒に。

ちょっと隠しておきたいものだって、ここなら来客時でも安心です。


 

スリム&大容量の秘密は設計にあり

コンパクトなのに大容量。驚きの24L

コンパクトなのに大容量。驚きの24L

本体サイズはおよそ幅22×奥行34.5×高さ41cm。縦型なので幅が狭く、省スペースで設置できますね。

耐荷重は本体上部約2kg、棚は約5kgもあり、全容量はなんと24L。コンパクトなのにたくさん収納できます。


 

奥行きをたっぷり取って大容量を実現

奥行きをたっぷり取って大容量を実現

このように横幅よりも奥行きのほうを大きく設計していることにより、省スペースでも大容量を実現しています。

買ってきたパンをそのまま縦にまっすぐ入れられるので、ほかの部分に余裕が生まれますよ。


 

2段式だからムダなく収納できる

2段式だからムダなく収納できる

内部は2段になっています。これなら縦型でも上の部分にムダが生まれず、すみずみまで有効に使えますよね。

また、重量約5600gとしっかりした作りなのでグラつきにくいのもうれしいです。


 

キッチンでの作業にうれしい機能つき

左右どちらから扉を開けるか決められる

左右どちらから扉を開けるか決められる

扉の開く方向は設置場所に合わせて左右どちらでも選択できます。方向を決めたら付属している緩衝材を貼り付ければOK。

効率的に作業したいキッチンでは、扉の方向は重要なポイント。自由に決められるのは助かりますよね。


 

スチール製だからマグネットをペタリ

スチール製だからマグネットをペタリ

本体はスチール製(粉体塗装)なので、タイマーを貼り付けたり、レシピを貼ってみたり。

マグネットフックでキッチン小物をスタンバイさせておくという使い方もできます。

ブレッドケースなのにパン収納だけじゃない、豊かな活用方法が生まれる「ブレッドケース スリム」。あなたのお家にもお迎えしてみませんか?


今すぐ購入する

 

こちらもおすすめ☆