大阪・堀江のセレクトショップ【PALETTE art alive】オーナー二又和征さんにショップインタビュー!

隠れ家的ファッションギャラリーショップとでもいうべき、PALETTEへ。第二弾も堀江のお店です。ファッションに関心のある若者を引きつけるカリスマ的ショップのオーナー・二又和征(ふたまた・かずゆき)さんにお話を聞きました。

2013/03/05更新
大阪・堀江のセレクトショップ【PALETTE art alive】オーナー二又和征さんにショップインタビュー!

今回は、隠れ家的ファッションギャラリーショップとでもいうべき、PALETTEへ。第二弾も堀江のお店です。ファッションに関心のある若者を引きつけるカリスマ的ショップのオーナー・二又和征(ふたまた・かずゆき)さんにお話を聞きました。

 

IMG_3243-1024x682

踏み入れた、一見普通の殺風景なビルの5階は異世界でした。お店に足を踏み入れた瞬間目に飛び込んでくる、真っ白な店内。彩やかな色のコーナーもあればシックなコーナーもあり、なんともアーティスチックな鞄のコーナー、色々入り交じった古着のコーナーも目を引きます。

 

お店の床には、白い石。私は、和のおもむきを感じました。


 

PALETTEは、ブランドとブランド古着を扱うお店。扱うブランドは、基本、二又さんの好きなもの。あえて統一感はなし。また、彼の友人デザイナーのブランドも扱っています。ゆえに、取り扱いが全国でここだけ、というレアなブランドも。

ごっちゃ煮なブランドに戸惑う方もあるかもしれませんが、色々組み合わせての個性が二又流の哲学。実は、店名と、店内が真っ白理由はここにあるんです。「お店をパレットに、洋服で自分だけの色を作り出してほしい」という二又さんの思い、それで店内はあえての白なんですね。

メンズのイメージが強いお店のようですが、実はメンズ・ウィメンズ半々くらいの扱い。さらに、「完全なメンズ物って無いと思うから、メンズのラインでも、女の子が好きそうだなと思う商品はSを多めに仕入れる」んですって。メンズ・ウィメンズの枠を超えてのスタイリング、予想外でした。

確かに、見せていただいたカラフルなCILANDESIAのメンズカットソーなど、完全に私ストライク 。見ていてうっとりするんですよね。。

PALETTEのメインブランドとして、CILANDSIA(チランドシア)があります。これは、元々画家である方が始められたブランド。(なんとざっくりした説明でしょうか…詳しくは http://cilandsia.com へ。) そして、二又さんがお店を始める時に真っ先に取り扱いをさせてほしいと電話をした思い入れのあるブランド。是非お店で実物を手に取ってみてください。

 

それから、この特徴的なPALETTEのマーク。

由来は「丸に梅鉢」という二又家の家紋だそう。ココだけの話、最初このマークは私には映画のフィルムに見えていたのです…^^;自分のアイデンティティが周りと融け合っていく様を表現したんだそうな。深いです。


 

そんなこだわりの強いオーナー、実は脱サラ組。某有名製造業の、できるサラリーマンだったそうです。出身地島根から就職で関西に出てきて、装う楽しみを知り、ついにはファッションの発信側にまわった、と。

さて、そんな過程を経てPALETTEは今年の4月で1周年。めでたい!5月には盛大にお祝いパーティが開かれる予定…皆様、耳ダンボにしてそのお知らせを待ちましょう…

 

二又さんは 理想のお店についても話してくださいました。

「僕、本当はスタッフ7人欲しいんですよ。で、日替わりで入ってもらう。そのスタッフ同士でも、提案するスタイリングや接客の仕方が違う訳です。だからお客さんは、特定の店員に会うためにある曜日だけくる、とかでもいいし、色々な店員の話を聞くために違う曜日にくるのも良い。毎日来ても楽しめるお店にしたいと思っています。」

そしてゆくゆくは…

「地元の島根にファッションを発信できるショップを作りたいです。自分も、もし近くにこの店みたいなのがあったら、もっと若い頃から服が好きになってて、服飾の専門学校なんかに行っていたかもしれない。島根の若い人にそういう機会を与えられたらな、と。」

夢もってますね、オーナー。

 

客層は、専門学校生、ファッションサークルの大学生、美容師さんなど、常にファッションにアンテナを張り巡らしている皆さん。時には関西一円以外からも。

また、お店はなかなか 見つけにくいところにあるので偶然の発見の対象にはならないみたいです。

実際ふらっと立ち寄る方は1割くらいなのだとか。

ほとんどのお客様が口コミなどで知って来られるそうで。

 

皆様もこれをきっかけに仲間入り、いかがですか?

ぜひ、えいっとPALETTEの扉のむこうへ足を踏み入れてみてください。


 


 

PALETTE art aliveショップページ

posted by TONEGAWA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

official

official

folk オフィシャルアカウントです。