インテリアのアクセントに☆お部屋に鮮やかなレッドを取り入れよう

インテリアに取り入れるカラーって、どんなものにしようか迷ってしまいますよね。ファッションを楽しむように、インテリアだっておしゃれに楽しみたい。ならば思い切って赤い色をアクセントとしてインテリアに組み入れてみては?え?と思うかもしれない選択に、違う世界が広がって見えるかもしれませんよ。

2016/11/18更新
インテリアのアクセントに☆お部屋に鮮やかなレッドを取り入れよう

インテリアに取り入れるカラーって、どんなものにしようか迷ってしまいますよね。ファッションを楽しむように、インテリアだっておしゃれに楽しみたい。ならば思い切って赤い色をアクセントとしてインテリアに組み入れてみては?え?と思うかもしれない選択に、違う世界が広がって見えるかもしれませんよ。

インテリアにレッドなカラーを

ポイントに赤を

白を基調とした清潔感あふれるインテリアの中に、ポイントを絞って赤を入れたコーディネイトです。白と赤の絶妙なバランスがおしゃれですよね。


 

子供部屋にぴったり

元気なイメージの赤は子供部屋にぴったりのカラーといえるでしょう。ちょっとうるさいぐらいの赤を取り入れることで、元気あふれる部屋になりますね。


 

広告

 

ソファやラグで赤を

家具として取り入れやすいのは、ソファではないでしょうか。一人用ソファなら、好みで好きなカラーを取り入れても。また印象的に赤を入れたいのなら、ラグも便利です。


 

壁を赤に

大胆な取り入れ方としては、壁を赤くしてしまいましょう。情熱的なや部屋を作りたいのなら、どれか1面を決めて赤くしてしまうのもありですよ。


 

ポイントを絞って赤を

青い色も多用されていますが、ピンポイントで赤を配置することで、アクセントとしての役割が。白の明るさに赤の華やかさが入ったすてきなインテリアですね。


 

ソファに赤

これもソファに赤を導入したインテリアです。白を基調としているので、とても目立ちますね。赤を入れることによって回りが華やぐ効果は、こちらのインテリアでもてきめんですね。


 

壁の装飾にも赤

レトロ感のある赤を取り入れて上品なインテリアコーディネイトを実現しています。部屋の壁にも赤が彩色されているので、統一感がありますね。


 

ピンクと作る空間

赤とピンクで、ガーリーな可愛さにあふれた空間を。赤とピンクと白の配色が絶妙のバランス感覚を保っていますね。女の子が一度は憧れるインテリアではないでしょうか。


 

エキゾチックに

こちらはエキゾチックな感じが漂う赤を使ったインテリアコーディネイトです。先ほどの可愛らしさとは打って変わって、大人なムードの赤になっています。


 

ムーディーに

こちらも紫をベースに赤を配置しています。ソファやクッションに色が多用されていますが、模様に赤が入っているので、赤を使うことによって統一感が。


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ