フラワーベースのある暮らし…花を活けてみませんか?

観葉植物やテラリウムなどがトレンドですが、普通に「花を活けて飾る」というのも素敵ですよね。でも、忙しいとなかなかそういう余裕がなくなるので、気が付いたらなんだか潤いのない生活になっていたりします。忙しい時ほど、本当は「お花を飾る」ということを意識的にやるべきなのかもしれません。では色々なベースフラワーを見てみましょう!

2016/11/01 更新
フラワーベースのある暮らし…花を活けてみませんか?

観葉植物やテラリウムなどがトレンドですが、普通に「花を活けて飾る」というのも素敵ですよね。でも、忙しいとなかなかそういう余裕がなくなるので、気が付いたらなんだか潤いのない生活になっていたりします。忙しい時ほど、本当は「お花を飾る」ということを意識的にやるべきなのかもしれません。では色々なベースフラワーを見てみましょう!

ベースフラワーコレクション…花瓶と植物

山や道端で見つける小枝や花を

紅葉した枝と、野の花を焼き物の花瓶に活けて、秋らしい趣です。


 

広告

 

枝を一挿し、ユニークな形の花瓶に

シンプルに飾るところに、茶道のようなわびさびを感じますね。


 

アイアンワイヤーのフラワーベース

こちらもシンプルな中に枝の面白さが引き立って素敵な雰囲気です。


 

個性的なフラワーベースに…

印象的なピンクの花と花瓶とバランスがいいです。


 

陶芸花瓶に

渋い陶芸花瓶に、あえてくすんだ色合いのドライフラワーを挿して、抑えた華やかさがステキです。


 

アートフラワーでも

白い花瓶に主張のある花を挿すと個性的な仕上がりになります。


 

ひとつひとつ吟味された物のみ

すべてのものが一つ一つ吟味されて置かれているような、シンプルな空間にアクセントを持たせています。


 

食卓に花のある光景

夏の食卓のようですが、このような感じでイッタラのフラワーベースで秋バージョンもセットできそうですね。


銅製花瓶の渋い美しさ

派手ではない黄色の花が、とても美しく引き立って見えます。


 

 

動きのある活け方で

立体的で奥行きのある活け方で、アスターとハナナスが引き立て合ってステキな作品です。玄関に飾りたいですね。


 

花瓶を壁に…

置いて使うばかりが能じゃない…アサヒモをビンの首に巻いて、小枝に吊るすと素敵なフラワーベースのできあがり♪


 

取っ手付きミルクポット型フラワーベース

フラワーベースの首周りの生成りの色がアクセントになっていますね。玄関にさりげなくおいて、季節感を楽しみたいです。


 

グリーンとフラワーとフラワーベース

フラワーベースは、中に挿す植物でイメージがいろいろ変わります。だから、インテリアとして、なかなか奥の深い小物でしょう。自分のインテリアコーディネートに合わないなぁと思っても、意外と活ける植物によって、面白い味わいで調和することもあるから楽しいのです。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!