オシャレな「見せる収納家具」で、機能的かつ美的なインテリアコーデしよう♪

収納庫や収納家具に何でも入れて隠してしまうというのは、一見片付いているように見えながら、本質的な部分では片付いていないということがありがちです。そういう生活は結構小さなストレスが溜まるものです。あえて中身が見える収納を選ぶというのも、生活美人になる秘訣ではないでしょうか?そこで今回、家具屋「Re:CENO」が提案するコーディネートシリーズ家具の中から「見せる収納家具」を選んでみました。

2016/11/02更新
オシャレな「見せる収納家具」で、機能的かつ美的なインテリアコーデしよう♪

収納庫や収納家具に何でも入れて隠してしまうというのは、一見片付いているように見えながら、本質的な部分では片付いていないということがありがちです。そういう生活は結構小さなストレスが溜まるものです。あえて中身が見える収納を選ぶというのも、生活美人になる秘訣ではないでしょうか?そこで今回、家具屋「Re:CENO」が提案するコーディネートシリーズ家具の中から「見せる収納家具」を選んでみました。

トレンドの「ディスプレイ型収納家具」

フレンチカントリーテイストの「muruco」シリーズより

上部は天板になっているので、机としても使えるキャビネットです。ナチュラルテイストが暖かい雰囲気ですね。


 

広告

 

アンティーク調デザインが人気の「くれよん」シリーズより

カラフルな引き出しが個性的な「くれよん」シリーズの家具です。フェミニンなイメージのお部屋などにいいですね。


 

収納力や機能性にもこだわった「フレンチカントリーテイスト」シリーズより

素朴なあたたかみのあるフレンチカントリースタイルは人気のデザイン。使い勝手や収納力もよく満足のいく一品でしょう。


 

レトロテイストの「OLIE(オリエ)」シリーズより

下においても使えるし、違う家具と重ねても使えるディスプレイラックです。


 

アルダー材で表現した「 COLK 」シリーズより

雑誌や絵本の表紙を見せて飾ることができるので、カフェ風のディスプレイも。


 

木とスチールのanthemシリーズより

まるでリビングがオシャレなカフェになったかのようですね!


 

レトロテイストの「OLIE(オリエ)」シリーズより

少し擦りガラスになっているところにレトロ感がありますね。脚があるのもオシャレです。


 

レトロテイストの「OLIE(オリエ)」シリーズより

好みで配置がかえられるのがいいですね。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!