素敵なお部屋を作るためには、海外アパートのインテリアがお手本♡

季節も徐々に夏から秋へと移ってきましたね。お部屋の模様替えする良いタイミングかもしれません。リフォームといった大掛かりなものではなくて、家具の配置を変えてみるとか、ちょっと小物を足してみるとか、カーテンを変えるのもいいですよね。

2016/09/03更新
素敵なお部屋を作るためには、海外アパートのインテリアがお手本♡

季節も徐々に夏から秋へと移ってきましたね。お部屋の模様替えする良いタイミングかもしれません。リフォームといった大掛かりなものではなくて、家具の配置を変えてみるとか、ちょっと小物を足してみるとか、カーテンを変えるのもいいですよね。でもその前に。素敵なお部屋を作るためにはお手本が必要ですよね。特に海外アパートのインテリアなんて、ステキすぎて憧れちゃいます。テイストを取り入れてみたい、海外アパートのインテリアを集めました!

 

広告

 

お手本インテリア

壁もベッドも机も白で統一されているので、圧迫感がなく、広さを感じさせます。


 

こちらも白がメインのお部屋です。椅子のターコイズブルーがアクセントになっていて、とても涼しげですね。


 

モダンな白い壁と、カントリーハウスのようなシックな青緑色の壁の対比がとてもオシャレです。


 

白とベージュをメインにして、壁に飾った額縁のブラウンが印象がぼけがちな部屋を引き締めています。統一感があるので、いろいろとモノがあってもごちゃごちゃしてませんね。


 

グレイの壁とソファが重くなりがちですが、鮮やかなイエローのカーテンがアクセントになっています。とっても上品に仕上がっていますね。


 

イエローで統一されてキッチンがとてもモダンです。ベッドの脇にある棚がシックなエンジなのも、落ち着いた印象を与えます。起きている場所と眠る場所といった動と静の対比が、生活のメリハリになっていますね。


 

必要最低限のものしか置かないシンプルな部屋。壁の絵の位置と相まって天井を高く、空間をとても広く見せています。仕切りの壁を配置することで、だだっ広く寒々となりがちな部屋に生活感をもたらしています。


 

多色使いをしていても、モダンポップなテイストが統一されているので、ごちゃごちゃとした感じがしない部屋です。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!