年月を経たようなアンティーク感がいい♡お洒落な錆びペイントの仕方をご紹介します☆

ブロガーのpinkoさんはインテリアやハンドメイド、DIYやリメイク雑貨などすべてを手作りされています。ブログ「 pink pinko life」にはpinkoさんの作った素敵な雑貨たちがたくさん紹介されています。中でもpinkoさんの錆び加工はうっとりするほど素敵なんです♡pinkoさんの手にかかればどんなアイテムも美しいほどに錆びてしまいます。長年使い古されたようなアンティークな美しさを放つpinkoさんの錆びペイント方法をご紹介します。

2016/11/07更新
年月を経たようなアンティーク感がいい♡お洒落な錆びペイントの仕方をご紹介します☆

pinkoさんの錆びマジックが素敵♡

ブロガーのpinkoさんはインテリアやハンドメイド、DIYやリメイク雑貨などすべてを手作りされています。ブログ「 pink pinko life」にはpinkoさんの作った素敵な雑貨たちがたくさん紹介されています。中でもpinkoさんの錆び加工はうっとりするほど素敵なんです♡pinkoさんの手にかかればどんなアイテムも美しいほどに錆びてしまいます。長年使い古されたようなアンティークな美しさを放つpinkoさんの錆びペイント方法をご紹介します。

まずは、なんてことない一般的な刷毛が、pinkoさんの手にかかるとどうなるかをご覧いただきます。

 

アンティークな刷毛に変身

可愛いフォルムに惹かれて購入したというキャンドゥの刷毛。pinkoさんが錆びペイントをすると、


 

こんな素敵なアンティーク刷毛になりました。赤胴が錆びたような部分と持ち手のダークブルーのかっこよさが素敵!ビジュアルのかっこいいツールで作業をすると、アーティスティックなものが作れそうな気がして♡というpinkoさん。よくわかりますね、その気持ち。

一体何を使ってどんなふうにペイントしているのでしょうか?pinkoさんのブログより、よりすぐりの3つをご紹介します☆


 

広告

 

①ステンレスに錆びペイントして「ハンギングポット」

キャンドゥの商品、カロリースプーンです。持ち手部分をペンチで挟み、半円になるように曲げます。


 

写真にあるラストメディウムと水性ウッドステインを使って錆びペイントを施します。もとがピカピカのスプーンだったとは思えないほどの、古びた雰囲気になりましたね。


 

持ち手の穴のあいた部分に針金を通してひっかけます。ミニグリーンをいれてお洒落なハンギングポットのできあがり♡落ち着いた雰囲気を醸し出す素敵なインテリアになりました。


 

②プラスチックのプランター受け皿に錆びペイントして「ハンギングインテリア」

プランターの受け皿と吊り下げチェーンを使います。どちらも100円ショップのものだそうです。チェーンを通すため、受け皿の淵に4分割した穴を開けておきましょう。


 

まずは着色です。ペイントに使うのはターナミルクペイントの2色、ヘンプベージュ・ピスタチオグリーンの混色です。
ターナミルクペイント


 

次にラストメディウムで錆び加工を施していきます。


 

錆びの部分が濃くなって不自然なので全体的にも錆び加工をします。さらに水性のウッドステインを全体に薄く塗ります。


 

穴にチェーンをかけて出来上がりです。落ち着いたグリーンベースの中に、時を経て浮き出た錆びがこなれた空間を演出していますね。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。