肌寒い季節の強い味方!コーディガンの気になる着こなしをチェック

気温もだんだん下がり寒くなってきたら、アウターが必要となってきますよね。そんなときには簡単に羽織ることができ、さまざまなコーデに活用できるコーディガンがおすすめです。コートでもない、カーディガンでもないその中間に位置する「コーディガン」、注目のアイテム。ぜひこの秋はコーディガンをゲットして、おしゃれにコーデに取り入れてみませんか?

2016/11/01更新
肌寒い季節の強い味方!コーディガンの気になる着こなしをチェック

気温もだんだん下がり寒くなってきたら、アウターが必要となってきますよね。そんなときには簡単に羽織ることができ、さまざまなコーデに活用できるコーディガンがおすすめです。コートでもない、カーディガンでもないその中間に位置する「コーディガン」、注目のアイテム。ぜひこの秋はコーディガンをゲットして、おしゃれにコーデに取り入れてみませんか?

コーディガンを着こなそう

コーデの引き締め役

白のトップスとトレンドのガウチョパンツに濃いグレーのコーディガンを羽織ることでコーデが引き締まりますよ。


 

コクーンシルエットで体型カバー

シンプルなコーディガンですね。コーディガンには全体を丸く、包んでくれるようなコクーンシルエットのものもあるため体型が気になる方にもおすすめです。


 

広告

 

カーキコーデ

出典:http://wear.jp

カーキのコーディガンとプリーツスカートで季節感が出ていますね。プリーツスカートと白のトップスで女性らしさも演出!


 

シンプルデザイン

シンプルデザインのコーディガンはどんなコーデにでもあわせやすいアイテムです。モノトーンベースにベージュのコーディガンをチョイスして、優しい雰囲気に。


 

グレー×白で季節感を意識

寒くなってきたらグレーと白のホワイトコーデで季節感を意識してみましょう。落ち着いた色合いで大人っぽい印象となっていますね。


 

フロントイン

インナーの白シャツはフロントインしておしゃれに。デニムは裾をロールアップして少し肌を見せることで、女性らしさもプラス!


 

大人っぽく

出典:http://wear.jp

カジュアルコーデにロング丈のコーディガンを羽織るとより大人っぽい印象となりますね。足元には小さなリボンがついたパンプスをチョイスして、可愛さも。


 

フリンジコーディガン

裾がフリンジなのが特徴的なコーディガンですね。パンプスはピンクのものを取り入れて、ワントーンコーデの差し色に。


 

ダメージジーンズを

出典:http://wear.jp

赤に近い濃いめのピンクのコーディガンが目を引きますね。可愛らしいコーディガンにダメージジーンズをチョイスして甘くなりすぎないように。


 

ワンポイントにリボン

出典:http://wear.jp

スマートコーディガンとセットのマフラーをリボンのように巻いていてコーデのワンポイントとなっていますね。


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!