一人暮らしにおすすめ12選。使い勝手のいいフライパンで快適に!

一人暮らしの生活を快適にする調理器具として、重要な役割りを果たすのはフライパンでしょう。そこで一人暮らしにおすすめのフライパンを紹介します。フライパンの選び方も重要で、素材やサイズ、用途によって一人暮らしにベストなものを選んでみてください。

公開日:
一人暮らしにおすすめ12選。使い勝手のいいフライパンで快適に!
mie

mie

ライター

2人の子どものママで編集・ライターをしています。インテリアは北欧や東欧が好きです。日常が素敵に楽しくなるインテリアの記事をお届けできたらと思っています。

一人暮らしにおすすめのフライパン

一人暮らしの生活を快適にする調理器具として、重要な役割りを果たすのはフライパンでしょう。

そこで一人暮らしにおすすめのフライパンを紹介します。フライパンの選び方も重要で、素材やサイズ、用途によって一人暮らしにベストなものを選んでみてください。

深さのあるものを選べば、煮ることもできるので鍋としても活躍してくれます。

一人暮らしのフライパンの選び方

サイズで選ぶ

一人暮らしにおすすめなフライパンのサイズは、20〜24cmと言われています。

20cmと24cmでもだいぶ大きさが違うので、日頃作る料理に合わせてサイズを選びましょう。

また深さのあるフライパンを選ぶと茹でることもできるので、一人用でも料理の幅が広がります。

一人暮らしでも、多めに料理を作る人は大きいサイズがおすすめです。


 

 

素材で選ぶ

アルミ、チタン、鉄、ステンレスとフライパンは素材の種類が豊富です。フライパンの選び方として、素材選びは重要です。

焦げやすい素材は洗うのが大変、熱伝導率が悪いと料理の時間がかかるなど、それぞれの素材に特徴があります。

手入れや取り扱いも異なるので、一人暮らしのライフスタイルにあった素材を選びましょう。


 

コンロのタイプで選ぶ

自宅のコンロが、ガスかIHなのかでもフライパンの選び方が変わってきます。フライパンにはIH専用のもの、ガス専用のものがあります。

もちろん兼用のものもあるので、よく確認してから選んでください。また、ハロゲンヒーターや電子プレートで使用できるものもあります。

間違えると使えない場合が多々あるので、一人暮らしでは特に注意するポイントです。


 

一人暮らしにおすすめのフライパン〈20cm〉

ダブル加工で長持ちするおすすめのフライパン

セラミック加工とフッ素樹脂加工のフライパンです。セラミック加工は、食材がフライパンにこびりつきにくく、調理がしやすいのが特徴です。

セラミックは丈夫で劣化しにくく、長期間使用できます。

このフライパンはIH・ガスともに使用可能で、外面もセラミック加工が施されているので、お手入れが簡単で一人暮らしにおすすめです。


 

自然素材を使用したおすすめのフライパン

フッ素樹脂を使用しないノンスティックコーティングを用いた、セラミックコーティングのフライパンです。

原料はすべて自然の素材を使用しているベルギーのメーカーのもので、環境にも配慮されています。

熱伝導に優れていて、調理もしやすいのが特徴になっています。深さもあるので、パスタなどの料理にも重宝し、一人暮らしにも快適です。


 

イタリア製おすすめフライパン

イタリア製のフライパンメーカーとして人気のバッラリーニのグラチニウム5層コーティングのフライパンです。

グラチニウムとは、バッラリーニが独自に開発したコーティングで、耐久性を高めるミネラル(鉱物)を独自技術で配合し、金属ヘラが使えるほどの石のような硬さを持たせたもの。

焦げ付きにくいのでお手入れも簡単で、一人暮らし向きです。


 

ティファールでも人気のフライパン

ティファールの中でも人気の高いおすすめのフライパンです。4層のパワーグライドコーティングで耐久性をアップしています。

中面だけでなく外面もフッ素樹脂加工なので、こびりつきにくく一人暮らしでもお手入れが簡単なので魅力的です。

このシリーズはガス専用でサイズも豊富に揃っているので、食のスタイルにあったサイズを選んでみてください。


 

一人暮らしにおすすめのフライパン〈素材〉

ドイツの人気メーカーのアルミ製フライパン

ヴェーエムエフ(Wmf)
¥6,955 (2021/12/06 10:48:58時点 Amazon調べ-詳細)

ドイツのキッチンウェアブランドで人気を誇るWMFのフライパンです。

肉厚なアルミ合金で熱伝導もよく、底面がステンレスなのでガスだけでなくIHでも使用できます。

保温性に優れているので、煮込み料理も調理時間が短く済み一人暮らしには嬉しいですね。

フライパンの相場にしては、高めな値段ですが性能も良く長く使用できます。


 

 

日本製の鉄中華鍋

タクミジャパン(TakumiJAPAN)
¥3,004 (2021/12/06 10:48:59時点 Amazon調べ-詳細)

鉄製フライパンの長所は、油の馴染みがよくて、火の通りも良いことです。

この匠の鉄フライパンは、鉄製フライパンの欠点として挙げられる重さを感じさせない軽量タイプです。

フライパンからの鉄分溶出で食材と一緒に鉄分摂取ができるのも一人暮らしには魅力。

凹凸のある表面加工で、油馴染みが良いのもポイントです。


 

ベルギーのセラミック製ヘルシーフライパン

ベルギーのビタベルデのフライパンです。世界で初めて、調理器具にセラミックノンスティックコーティングを施しました。

ミネラル由来の成分から作られていて、調理中はもちろんのこと、製造工程でも一切の有害物質を排出せずに作っている環境に配慮したフライパンです。

調理もお手入れも簡単で一人暮らし向きです。熱が均一に伝わり、美味しく仕上がります。


 

軽さに驚くチタン素材のフライパン

3倍長持ちするという、優れた耐久性を持つチタンコーティングが施された一人暮らしにぴったりのフライパンです。

こちらはティファールの製品で中央には適温を知らせてくれるお知らせマークがついていて、調理温度のベストなタイミングがわかります。

チタンの長所は耐久性が高く、他と比べて軽いことです。IH対応で熱伝導性も抜群です。


 

一人暮らしにおすすめのフライパン〈深型〉

おすすめのマルチディープパン

[GEORGE'S] ITARU マルチディープパン 20cm 蓋つき

[GEORGE’S] ITARU マルチディープパン 20cm 蓋つき

8,800円

蓋付きの深型フライパンです。本体はアルミニウム合金で、軽くて持ちやすく扱いやすいのが特徴です。

深さがある形状は焼く、煮る、炒める、茹でるなど、多くの調理が可能で一人暮らしのフライパンの選び方のひとつとしておすすめです。

このフライパンひとつでいくつもの料理ができるのは、一人暮らしにとても便利ですね。またIHを始め、オール電化に対応するのもおすすめのポイントです。

 

長く使えるおすすめの鉄フライパン

[UNITED ARROWS] 自在道具(ジザイドウグ) 自在鍋

[UNITED ARROWS] <自在道具(ジザイドウグ)>自在鍋

5,500円

手作業で丁寧に作られた鉄鍋です。ボウルのような形状で、食材が中央に集まりやすく調理がしやすいのが特徴です。

鉄素材は、食材が焦げ付きやすいのが欠点ですが、油が馴染みやすく、火の通りも良いのが利点で使い慣れると扱いは難しくありません。

見た目もおしゃれで、これひとつで炒める・煮る・茹でるが可能なのは一人暮らしにぴったりです。

 

お手入れ簡単なフライパン

サーモス(THERMOS)
¥1,691 (2021/12/06 10:49:01時点 Amazon調べ-詳細)

耐摩耗性デュラブルコートで、素材がこびりつきにくいフライパンです。

深型設計で炒め物、煮込み料理にも使える万能さが一人暮らしにおすすめ。IHやガスの両方に対応しているのも嬉しいポイントです。

蓄熱性に優れているので、まんべんなく熱が広がるため、調理もしやすく料理初心者の人にもおすすめします。


 

アルミニウムのおすすめ深鍋フライパン

北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)
¥2,600 (2021/12/06 10:49:02時点 Amazon調べ-詳細)

アルミ製品のトップメーカー、北陸アルミニウムの深鍋フライパンです。アルミニウムは軽く持ちやすいので取り扱いやすい素材です。

熱伝導率が高く、熱くなりやすいという特性があります。

ガスコンロやハロゲンヒーター、IHまでオール熱源対応なのも一人暮らしには嬉しい要素です。

基材に凹凸をつけて、優れた耐摩耗性がありこびつきにくく快適です。


 

一人暮らしにおすすめのフライパンを探そう!

一人暮らしのフライパンは大きさ、素材、加工など選び方が多数あります。

普段の一人暮らしのスタイルにあったフライパンを探すことは、一人暮らしの食生活を豊かに快適にしてくれます。一人暮らしではお手入れが簡単なのも選び方の大切なポイントです。

自分に合ったお気に入りのフライパンを探して、料理を楽しんでください。

こちらもおすすめ☆