キャスター付き・杉板で簡単PLANTS鉢カバーを作ろう!

今回は、重い鉢植えも楽に運べるキャスター付き鉢カバーを作りました。植物以外にも片付かないあれこれをしまえる収納に使えそうです!Negoさんならではの一工夫もあるので、ぜひ作り方をチェックしてみてくださいね。

公開日:
キャスター付き・杉板で簡単PLANTS鉢カバーを作ろう!
LIFULL HOME'S DIY Mag

LIFULL HOME'S DIY Mag

専門家ライター

日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営しています。新しい暮らし方や自分らしい住まい方、多様なライフスタイルを送るためのヒントをご紹介します。

 

キャスター付き・杉板で簡単PLANTS鉢カバーを作ろう!

以前、DIY PEOPLEで取材させていただいた、つるじょ(※)のNegoさんが、今回はMag公式クリエイターとして再登場です!

築25年を越える自宅の一戸建てのセルフリノベーションから始まり、今では店舗の空間デザインやワークショップなども手がけているパワフルでキュートなNegoさん。

今回の動画も終始笑顔が絶えず、きっと楽しい雰囲気が伝わると思います!

重い鉢植えも楽に運べるキャスター付き鉢カバー。植物以外にも片付かないあれこれをしまえる収納に使えそうです!

Negoさんならではの一工夫もあるので、ぜひ作り方をチェックしてみてくださいね。

※つるじょとは…

大阪「鶴見倉庫」をDIYでリノベーションすることをきっかけに女性DIYブロガーたちで結成。「鶴見女子」を略して「つるじょ」と呼ばれている。

ここから先はNegoさん節あふれる直々レシピ↓↓

キャスター付き・杉板で簡単PLANTS鉢カバーを作ろう!

 

 

材料

  • 杉板16枚 9cm×30cm(加工済み)
  • 角材4本 36cm
  • ビス 84本(キャスター分も含む)
  • キャスター 4つ
  • カスガイ 1本
  • コンパネ 1枚 33cm×30cm
  • BRYWAX ジャコビアン
  • 電動ドリル
  • かなづち
  • スポンジ

 

DIYレシピ・杉板で簡単PLANTS鉢カバー

  1. 角材2本に 杉板4枚を橋渡しの状態にして、下穴をあける。
    *この時ずれないように気をつけて!
    *下穴をあけると木が割れにくいしビス打ちの失敗も少なくなりますよ。私みたいな不器用さんにはおすすめやでー♪
  2. 下穴のところにビス留めをする。
  3. 同じ作業をもう一度する。
  4. 残りの杉板のビスを打つ場所に下穴をあける。
  5. 一枚だけ真ん中にカスガイより少し細めの穴をあける。
  6. 穴にボンドをいれてカスガイを挿し、かなづちでたたき入れる。
    *この時ボンドがはみ出るのですぐにふき取ってな。そのまま乾くとテッカテカのなって塗料をはじくから!気をつけてやー!
    *カスガイは飾りはもちろん、もち手にもなるから一石二鳥やな♪
  7. レシピ1、2、3で作ったものに4枚づつまた橋渡しの状態にしてビス留めしていきBOXの状態を作る。
  8. 底板のコンパネをつける。
  9. BRYWAX(ブライワックス)を塗る
    *好きな色のペンキでも かわいいと思うわ♪
  10. 底の4隅にキャスターをつける。
    キャスターをつけると重い物を入れてても移動しやすいし、気軽に模様替えもできるで♪
    杉板の数を増やしたり減らしたりして、好きな大きさの木箱でいろんなアレンジしてみてなー♪

 

キャスター付き・杉板で簡単PLANTS鉢カバーを作ろう!2

 

キャスター付き・杉板で簡単PLANTS鉢カバーを作ろう!3

Designer/Model:Nego instagram

Videographer : 田川翔一

Place:DIY FACTORY OSAKA

こちらもおすすめ☆