海外インテリアに学ぶ!センスの良い素敵な本棚ディスプレイアイデア集

読書の秋。本を手にする機会も自然と増えますが、おうちの本棚はお気に入りのスペースになっていますか?今回は憧れの海外インテリアから、素敵な本棚の風景に学びます。ほんのちょっとの工夫で変化があるから、ぜひ挑戦してみてくださいね。

2016/10/20 更新
著者:
海外インテリアに学ぶ!センスの良い素敵な本棚ディスプレイアイデア集

海外インテリアに学ぶ!本棚のディスプレイ

読書の秋。本を手にする機会も自然と増えますが、おうちの本棚はお気に入りのスペースになっていますか?収納に精一杯で、なかなか飾るまでに至らない…わたしもそんな一人です。


 

広告

 

コツをつかんで、素敵に飾りませんか?

海外インテリアの中によくみかける、素敵な本棚の風景。思い切って、お家の本棚もそんな風に素敵にディスプレイしてみませんか?本だけでなく、写真やオブジェ、自分のお気に入りだけを並べたスペースは、見るたびに嬉しくなりますよ。


 

ブックカバーも視野に入れて

完璧にこだわりたいときは、全体の雰囲気にあわせてブックカバーをかけるのもおすすめ。ちょっとひと手間ですが、並んだ姿にはきっと満足感が得られます。色がビビットで強すぎるものだけに絞るなど、工夫すると見た目の印象がグッと変わります。


 

センスの良い本棚のある風景

素敵なディスプレイは、実際の風景から学ぶのが一番!全体のバランス、色使い、本の向きや小物のチョイスなど、場所など、細かいところにも注目してみましょう。


 

スペースには余裕を持って

素敵な本棚を作りたいときは、やっぱり十分なスペースを確保するのが大切な気がします。断捨離や、ミニマリズムがブームですが、どんどん増えていく本や雑誌も、本当に手元に置いておきたいものだけを選ぶのも大事なことかもしれませんね。


 

スペースが生まれたら空の棚を確保して、数段飾り棚にしてしまうのも憧れます。ランプやグリーン、地球儀も、素敵なディスプレイのエッセンスがぎゅっと詰まっていますね。


 

横に積んでブックエンドに

簡単にできて真似したいなと思うのは、横向きに積んだ本をブックエンド代わりにすること。その上にさらに縦にのせたり、バランスを見て高さをつけるととてもおしゃれに見えますね。空間が開かない様に、陶器やオブジェを挟んでいるのも素敵です。


 

こちらはプロのスタイリングかな?バランスよく配置された本と小物のバランスが絶妙です。一段ごとに、左右に集める、中央に積む、など本の並べ方がとても参考になります。


 

横向きに積んだ本の上は、小物を置くのにぴったりのスペース。高さに違いを出すことでバランスを整えていきます。アルファベットのオブジェやエアプランツを置くのも素敵ですね。


 

背表紙を後ろに向ける

これも意外とすぐに真似できそうだなと思うのですが、背表紙を後ろ向きにする方法。これならインテリアの空気感を壊さずに、でも本ならではの雰囲気も楽しめますね。同じ方法のものがけっこうあったので、いくつかご紹介。


本の古さや質によって、紙の色が微妙に違うグラデーションを楽しむことができますね。本というよりも、それだけで美しいオブジェの様な感覚になります。


 

 

そうはいっても、どれがどの本だかわからなくなってしまうのは少し困りもの…そんなときは、お気に入りのものだけ背表紙を見せるようにしておくのもいいかも。日常あまり手にしない本は、裏を向けておきます。


 

こちらも、裏に向けたり表に向けたり。大きさや厚み、色がバラバラでも、ほどよくバランスをとることができますね。赤がキーカラーになっているようです。


 

カバーをつける

こちらは裏向きにするのではなく、無地のカバーをつけたアイデア。白で統一された空間には、写真や小物の雰囲気が引き立ちますね。数冊残されたグリーンの表紙がいいアクセントになっています。


 

素敵な本棚が欲しい♡

素敵な風景を眺めていたら、こんな本棚が欲しくなってしまいます。ほんのちょっとの工夫で変化があるから、「自分の家で、こんなに素敵にはできない…」なんて思わずに、ぜひ挑戦してみてくださいね。


 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!