インテリアにグレーカラーを入れて、落ち着いた雰囲気のお部屋づくり

グレーカラーをお部屋のインテリアに加えると、白黒とはまた違った雰囲気を楽しむことができます。白黒だと、どうしても緊張感を伴うシックカラーですが、グレーカラーのやわらかなモノトーンは落ち着きと安らぎをもたらすイメージが出ます。また、幅広いカラーと相性がいいので「迷ったらグレー」にしておけば無難…という便利カラーでもあります。

2016/10/24 更新
インテリアにグレーカラーを入れて、落ち着いた雰囲気のお部屋づくり

グレーカラーをお部屋のインテリアに加えると、白黒とはまた違った雰囲気を楽しむことができます。白黒だと、どうしても緊張感を伴うシックカラーですが、グレーカラーのやわらかなモノトーンは落ち着きと安らぎをもたらすイメージが出ます。また、幅広いカラーと相性がいいので「迷ったらグレー」にしておけば無難…という便利カラーでもあります。

グレーをメインカラーにして個性的なお部屋をつくる

グレーと白と黒…

メインカラーがグレーで、そこに白と黒が少し入って、差し色にくすんだブラウンカラーのラグが効いています。


 

ナチュラルテイストに

全体にパステル調の中にグレーカラーがあると、少し引き締まります。


 

広告

 

グレーカラーとインダストリアル家具

女性のお部屋なんですよ!色調がマニッシュな分、形にやわらかみのあるものを揃えバランスをとっています。白ベースのお部屋にクッションやカバーに少しグレーを持ってくることで、リズム感のあるお部屋になっています。


 

ライトブラウンのフローリングに

グレーのソファとラグで、ナチュラルになり過ぎない都会的な香りづけができます。


 

わびさびを感じるような味わい

古木材のローテーブルにグレーカラーのソファやクッションでわびさびの味わいがあります。


 

ストーブのグレーが…

ストーブのスチールのカラーであるグレーが印象的です。くすみ色で統一した部屋の主のようです。


 

シンプル&淡い色彩で

シンプルなお部屋を淡い色彩でコーデして、さらにグレーのものを置くと、落ち着きとエレガントさがあります。


 

グレーのソファ①

大きな面積を占めるソファの色をグレーにすると、明るさと落ち着きの両方あるお部屋になります。


 

グレーソファ②

圧迫感がなく、自然にまわりに溶け込む優しい色調です。


 

グレーソファ③

ブラックのライトカバー、クッションの差し色が効いています。


 

グレーのハーフペイントウォール

壁の下半分だけグレーになっていて、オシャレです。


 

シャービシックテイストも

北欧風、シャービシック風といろいろミックスしたような味付けながら、グレーで統一感のあるお部屋になっています。


 

 

穏やかで優しいグレーカラー

「グレー」というと、あまりいいイメージがないかもしれません。でも、実際にグレーという色は中間色なので、パステルカラーのような安らぎを与えてくれます。それは広く受け入れてもらえる寛容さを感じるのかもしれません。クオリティの高い物や年代物であれば、独特の雰囲気もありエレガントな味わいも出てきます。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!