コツを掴めば簡単にできる!部屋を広く見せるレイアウトまとめ☆

決められた間取りの部屋ですが、できるだけ広く見せたいと思う人は多いはず。でもどんな感じにしたらいいのか・・・色使いや、家具の配置によってもすごく変わってくるんですよ!ここでは、部屋を広く見せるレイアウトをまとめてみました。

2016/08/30 更新
コツを掴めば簡単にできる!部屋を広く見せるレイアウトまとめ☆

部屋を広く見せるレイアウトをまとめてみました♪

決められた間取りの部屋ですが、できるだけ広く見せたいと思う人は多いはず。でもどんな感じにしたらいいのか・・・色使いや、家具の配置によってもすごく変わってくるんですよ!ここでは、部屋を広く見せるレイアウトをまとめてみました。

 

広告

 

低い家具を使って


 

家具を配置するときって、背の高い家具を配置しがちになってしまいますよね?そこを我慢してできるだけ低い家具を入り口からの対角線上に置いた方が広く見えますよ。6帖の部屋でも、低い家具を配置することによって、目線が低くなり随分と部屋を広く見せる効果があるんですよ!


 

 大きな家具は角において

壁側におかれているソファーですが置く位置によって、部屋が広く見えるか狭く見えるかがすごく変わるんです!

手前においてしまうと、狭い部屋なので動きにくくなってしまうのです。窓側におくと窓から入ってくる光が遮られなんとなく重苦しい感じがしますよね。

ソファーなどは窓に向かって置いてみるといいですよ!


 

鏡を置いて


 

部屋のインテリアの一つとして、鏡を置くと部屋が広く見えるんです。実際に、後ろの部屋の様子が写って向こう側にも部屋がある感じに見えますね!狭い部屋でも、鏡をちょっと置くだけですが、効果抜群です。


 

家具の足でも

椅子の足ですが、木製のものやプラスチック製のものを使っていると、見た感じはそんなに広さは感じませんが、シルバー色の金属の足にすると、光が反射して見た目にも広く感じます!

少しの違いですが、全く広さが違って見えるのはビックリですね!


 

狭い部屋でも、自分が生活する空間はできるだけ広く見せたいですよね。ちょっとの工夫で広く感じさせることができますね!

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!