編み物もいいけれど、「weaving(織物)」はいかが?ミニサイズで楽しむ糸のDIY♪

毛糸を使った編み物などが楽しいシーズン。でも編み物は難しくて苦手な方もいらっしゃるかもしれません。でも、カラフルで個性豊かな糸が好き!そんな方は「織物」に触れてみませんか?

2016/10/21 更新
著者:
編み物もいいけれど、「weaving(織物)」はいかが?ミニサイズで楽しむ糸のDIY♪

「weaving/織物」に触れてみませんか?

毛糸を使った編み物などが楽しいシーズン。でも編み物は難しくて苦手な方もいらっしゃるかもしれません。でも、カラフルで個性豊かな糸が好き!そんな方は「織物」に触れてみませんか?


 

ミニサイズなら、大きな道具は不要です

「織物」と聞くと、大きな織り機を想像されるかもしれませんが、今回お勧めするのはミニサイズのシンプルな織物。英語では「weaving」と言い、お家で簡単に楽しめるアイデアを意外と豊富に見つけることができます。


 

広告

 

手のひらサイズでも十分楽しい♪

こんなにちいさな手のひらサイズでも十分に楽しめるのが、織物の魅力の一つ。時間もそんなにかからないし、編み物ほどの難しい技術も必要ないので、お子様からご年配の方まで幅広く愛されています。


 

縦糸に横糸をくぐらせる、単純作業

テクニックはいろいろとあるようですが、基本的な作業はとてもシンプル。縦糸を必要な本数張って、その間を波の様に上下にくぐらせながら横糸を通していきます。いろんな素材をミックスさせて、自分だけのオリジナルをつくれます。


 

どんな素材もアートに変身!

ほんのちょっとの余った糸や、ラッピングについていたリボンなど、どんな素材もアートに変身させてくれるのも嬉しいポイント。素材や太さ、色を考えるのも、心の栄養になる豊かな時間です。


 

身近な素材でつくれる道具

これまでは専用の市販されている道具を使われていましたが、身近なもので道具から手作りするアイデアが盛りだくさんなのも魅力です。まずこちらはダンボールなどの厚紙を好きなサイズにカットして、切れ込みを入れて作るアイデア。


 

サイズを自由に設定できます

手作りの道具なら、作りたいものにあわせて自分の希望のサイズにできるのが嬉しいですね。こちらは糸まきの台紙をそのまま土台に使うアイデア。


 

マッチ箱で

こちらはサイズ感がなんとも愛らしい、マッチ箱の織り機。このまま飾っておいたり、贈り物にしたくなる様な可愛さですね。


 

ミニサイズにキュン♡素敵な作品集

このサイズ感だけでも思わずキュンとなる、ちいさな織物たち。色選びや素材選びの参考になりそうな画像をあつけてました。まずはタペストリー的に飾れるアイテムから、アクセなどの実用例などもご紹介。


 

カラフルポンポンを合わせて

カラフルカラーにポンポンを合わせて、なんともキュートなミニタペストリー。いろんな形の小枝を使っているのも素敵ですね。色のチョイスがセンス抜群です。


 

ナチュラルカラーで

優しい色合いのアースカラーで、ナチュラルな雰囲気を作るのも素敵。フリンジのありなし、結んだりするアレンジ次第でも表情が変わりますね。


 

アクセサリー

ミニサイズだからこそ、アクセサリーとして使うのもおすすめです。こちらはネックレスとして着用されていますが、ピアスやイヤリングにしてもきっと素敵ですね。色だけでなくスエード紐や、ビースを添えているのもおしゃれです。


 

 

ネックレス

こちらは太さのあるボリューミーな糸を使った例。秋冬の装いにぴったり、ひとつ添えるだけで季節感あふれるスタイリングになれますね。大ぶりでも軽くて、肩がこらないのも嬉しいポイント。


 

コースター

少し大きめに応用したら、コースターも簡単につくれます。いろんな糸をランダムに編み込んで、世界に一つだけの味わいある一枚を作ってみるのもいいですね。


 

今すぐに始められる♪

海外の素敵なインテリアの風景には、大きなweavingのタペストリーをよく見かけます。まず小さなもので手馴ししたら、大きなものにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。今すぐに始められるから、ぜひ挑戦してみてくださいね。


 

こちらもおすすめ☆

 

 

シェアしよう!