今日のスープは何にしよう?スープがあるテーブルシーンとおしゃれなスープ皿をご紹介

寒い季節は、温かいスープがテーブルにあるだけでうれしくなりますね♡鼻先をつつくその香りや、ふわふわと立ち上る湯気までも大ごちそう!『今日のスープは何にしよう。。』メニューの主役になれるようなスープがある素敵なテーブルのシーンと、おしゃれなスープ皿を、ご紹介させていただきます。

2016/10/28更新
今日のスープは何にしよう?スープがあるテーブルシーンとおしゃれなスープ皿をご紹介

寒い季節は、温かいスープがテーブルにあるだけでうれしくなりますね♡鼻先をつつくその香りや、ふわふわと立ち上る湯気までも大ごちそう!『今日のスープは何にしよう。。』メニューの主役になれるようなスープがある素敵なテーブルのシーンと、おしゃれなスープ皿を、ご紹介させていただきます。

【今日のスープは何にしよう。。】

みなさまは、どのようなスープがお好きでしょうか。スープはフランス語ではポタージュと呼ばれ、そしてシチューは、野菜や肉、魚介類を出汁やソースで煮込んだ料理だという事ですが、その線引きは難しく、ここでは、汁物料理という事で、スープがある素敵なテーブルシーンをご紹介させていただきます。


 

スープのメリット

温かくて美味しいというだけでうれしいスープですが、スープをいただくそのメリットを、すこし語らせてくださいね。

たくさんの野菜を摂取できる

寒い季節に、かさがある生野菜をたくさん食べるのは大変です。ところが、スープにして煮込んでしまえばかさが減り、思いがけずたくさんの量の野菜を摂取出来てしまいます。また、野菜をとことん煮込んで仕上げれば、野菜嫌いさんにも食べてもらうことができますね。さらに、汁に溶けた野菜の栄養分まで飲み干せるという、スープならではのメリットがいっぱいです。

 

広告

 

ダイエット食になる!?

満腹感を得られるスープは、ローカロリーに仕上げることによって、ダイエット中のメニューとしてもお勧めです。それには、パターや生クリームなどを使わない、野菜たっぷりのスープなどがお勧めです。生姜たっぷりの韓国風スープなども、代謝UPに繋がり、ダイエットには最適な一品です。


 

海外では味噌スープと呼ばれる日本の味噌汁も、ローカロリーの代表選手!ダイエットスープとしてはぴったりのメニューですね。


 

スープがある素敵なテーブルのシーン&おしゃれなスープ皿やカトラリー

素敵な柄のあるプレートには、クリアなガラスのスープボウルがお似合いです。


 

シャビーシックなウッドボードにコーディネートされた、スープのあるテーブルシーンです。スープの仕上げにオリーブオイルとペッパーをトッピング。食べられるお花を添えれば、まるで絵画のように美しい一皿が出来上がりです。


 

朝の忙しい時間には、取っ手のついたスープカップは重宝しますね。特別なものを用意しなくても、家にあるマグカップで代用できてしまうのもうれしいポイントです。


 

スープメインのお食事には、トッピングでアートのような仕上げをしてみるのも素敵です。グリーンとホワイト、そしてオレンジの取り合わせがとても美しく、視覚からも食欲をそそります。


 

スープボウルのフチのカラーに合わせた、ブルーのギンガムチェックのナプキンが素敵。これならキッズも大喜びしてくれそうな、可愛いコーディネートです。


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

innocent

innocent

北欧といい香りのするものが大好きな大人女子です。みなさまのhappyをお手伝いできたらうれしいです。