2016年秋冬はタイトスカート!着こなしのポイントをチェックしよう

春夏はプリーツスカートなどフレアなタイプが主流でしたが、それに対して秋冬は、タイトなスカートが続々登場しています。女性らしいラインが強調され、大人コーディネートに仕上がるタイトなスカート。丈もひざ下で、露出の少ないものが多いので、初めての方もチャレンジしやすいのではないでしょうか?

2016/10/14 更新
2016年秋冬はタイトスカート!着こなしのポイントをチェックしよう

著者名

hoccori0710

hoccori0710

有名ファッションチェーン店や雑貨店に勤務経験のある、2歳の男児子育て中のママです。

出典:http://wear.jp

春夏はプリーツスカートなどフレアなタイプが主流でしたが、それに対して秋冬は、タイトなスカートが続々登場しています。女性らしいラインが強調され、大人コーディネートに仕上がるタイトなスカート。丈もひざ下で、露出の少ないものが多いので、初めての方もチャレンジしやすいのではないでしょうか?そんな注目のタイトスカートを取り入れたコーディネートをいくつかご紹介します。今後の着こなしの参考にしてみてください。


 

シックな黒の長めタイトスカート

出典:http://wear.jp

黒のロングタイトスカートはそれだけで大人っぽい雰囲気に。ミリタリーシャツをインして、袖をまくれば大人のこなれ感が演出できます。小物はパンプスやハンドバッグなど、かっちりしたものを合わせるとカッコよく決まります。


 

広告

 

出典:http://wear.jp

カットソーもインすることで、裾の長いアウターもバランスよく着こなせます。黒とベージュの組み合わせが大人っぽいですね。


 

出典:http://wear.jp

今年トレンドのテラコッタトップスとも相性〇です。アニマル柄のブーティなど、トレンドを上手に取り入れています。ブーティとも丈感のバランスが良さそうです。フロントのスリットがちょいセクシーでステキです。


 

出典:http://wear.jp

こちらもフロントスリットが入ったタイトスカートです。歩きやすさはもちろん、黒コーデに軽さをプラスしてくれます。モノトーンコーディネートにカーディガンの差し色が効いてますね。シャツはインするのがバランスよく着こなすコツのようです。


 

出典:http://wear.jp

個性的なデザインのタイトスカートです。タイトでありながら、上からかかる生地が縦ラインを作ってくれ、フィットし過ぎないのが〇品の良いブラウスをインしてオフィスにもプライベートにもマッチするコーディネートです。


 

出典:http://wear.jp

ブラウンのトップスとも相性バッチリ。あたたかそうなクラッチバッグを合わせたら、秋冬コーディネートの完成です。ひざ下の丈感を活かし、短いソックスで変化を楽しむのも良いですね。


 

グレーも人気

出典:http://wear.jp

グレーも比較的着こなしやすいです。黒ほど重すぎず、品の良さも演出できます。Gジャンとスニーカーというカジュアルコーデにも、タイトスカートが女性らしさをプラスしてくれます。


 

出典:http://wear.jp

サイド寄りに入ったスリットも新鮮です。シンプルなコーデにチラッとのぞくソックスで個性が出せそう。


 

出典:http://wear.jp

Tシャツもインするだけで今年らしく見えます。ベルトマークも今季注目されていますので、ぜひ取り入れて欲しいテクニックです。


 

他にも様々なカラーや素材が

出典:http://wear.jp

トレンドのリブニット素材のタイトスカートです。縦ラインが下半身をより細く長く見せてくれることでしょう。ブラウンに黒とベージュの三色にすることで、品のあるコーディネートに仕上がっています。このスカート一枚で今季のトレンドが抑えられそう。


 

出典:http://wear.jp

デニムのタイトスカートも大人カジュアルスタイルに大活躍しそうなアイテムです。動き易さを考え、スリット入りのデザインを選びたいですね。ベルトマークでウエスト位置が高く、足長効果バッチリです。タイトスカートとミリタリーシャツの組み合わせはかなり使えるかも。


 

 

出典:http://wear.jp

こんな鮮やかなレッドのスカートも。他はモノトーンコーディネートに抑え、キチンとまとまっています。サイドのスリットの入り方も絶妙です。


 

ボーダーカットソー×タイトスカート

オシャレさんなら1,2枚は持っているであろうボーダーカットソー。タイトスカートにはどのように合わせれば良いでしょうか?

 

シックなモノトーンコーディネート。スカートにインしてスタイルアップ。下半身を黒で統一しているので、より足長に見えます。チャレンジしてみたいコーディネートです。


 

ラップタイプの鮮やかなカーキが目を引くタイトスカートです。ウエストのリボンがキュート。ウエストマークも兼ねてくれるので、足長に見える事間違いなしです。パンプスとクラッチで大人っぽく。できる女のカジュアルコーディネートです。


 

グレーのリブニット素材のタイトスカートに、同系色のボーダーカットソーを。モノトーンで統一してスッキリと見えます。グレーを中心にしたコーディネートも秋冬らしく、品が出てステキです。


 

出典:http://wear.jp

カーキのカジュアル目なタイトスカートです。ボーダーはインしてウエストマークを。スポーツテイストの小物使いでお出かけコーデの完成です。


 

チェック柄の着こなしテク

秋といえばチェック・・・というわけで、チェック柄のタイトスカートに注目。皆さんどんな柄を、どのように着こなしているのでしょうか?

 

出典:http://wear.jp

同じチェック柄のベルトがついたタイトスカートです。ニットをインするのが今年らしいですね。ウエスト位置が高く、とてもスタイル良く見えます。小物はカッチリ目をチョイス。オフィスでも着まわせそうです。


 

出典:http://wear.jp

こちらは赤のチェックをチョイスし、ベレー帽を合わせたらパリジェンヌ風コーデの出来上がりです。ひざ下タイトスカートにソックス×パンプスのバランスがGOOD!Gジャンも相性良さそうですね。


 

出典:http://wear.jp

こちらはブルー系のチェックタイトスカートにMA-1っぽいジャケットを合わせて。かわいくなりがちなチェックに、ちょっとハードなジャケットを合わせたバランスがカッコいいです。インナーはやはり、インしてスタイルアップして見せるのが鉄則です。


 

出典:http://wear.jp/

こちらはストライプですが、番外編です。縦じまなら縦長効果はもちろん、子どもっぽくなりがちなひざ上丈でもこの通り、大人っぽく着こなせます。こちらのユーザーさんも、カジュアルなアイテムと上手にコーディネートされていますね。


 

まとめ

以上、この秋冬注目の、タイトスカートを取り入れたコーディネートをご紹介しました。近年カジュアルなコーディネートにはフレアやプリーツスカートが主流でしたが、この秋冬はタイトスカートで大人っぽさをミックスしたコーディネートを見かけるようになるかもしれませんよ。トップスをインしてスタイルアップして着こなすテクニック、ぜひチャレンジしてみてください。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!