肩掛け、腰巻!海外ファッションから学ぶ、技ありデニムジャケットの着こなし術☆

老若男女問わず人気の高いデニムは一年中使える優秀アイテムのひとつですよね。デニム素材のファッションの中から、今回はデニムジャケットにスポットを当ててみましょう。デニムジャケットを肩掛けするファッションと腰に巻くファッションの2パターンをご紹介します。

2016/10/12 更新
著者:
肩掛け、腰巻!海外ファッションから学ぶ、技ありデニムジャケットの着こなし術☆

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

技ありデニムスタイル☆2パターン

老若男女問わず人気の高いデニムは一年中使える優秀アイテムのひとつですよね。デニム素材のファッションの中から、今回はデニムジャケットにスポットを当ててみましょう。デニムジャケットを肩掛けするファッションと腰に巻くファッションの2パターンをご紹介します。海外スナップ写真より、よりすぐりのお洒落ガールがデニムジャケットをセンス良く着こなしています。シンプルなのにお洒落、素朴なのにカッコいい、カジュアルなのに色っぽい、そんな彼女たちの着こなしから、ぜひインスピレーションをもらって、お洒落センスを学びましょう♡


 

技あり!肩掛けデニムジャケット

上下が黒のシンプルコーデでも、定番のデニムジャケットを肩に羽織るだけでぐっとお洒落な雰囲気になりますね。靴を黒ではなく、ダークブラウンをセレクトするところもポイントですね。


 

広告

 

中がボア素材になっている暖かそうなデニムジャケット。ベージュカラーのセーターとハイヒールがデニムの水色とマッチして柔らかな印象に。


 

グレーのワントーンコーデにアクセントして薄いカラーのデニムジャケットを羽織ります。袖が切りっぱなしになっているようなデザインがトレンドスタイルです♪


 

なんてことないシンプルなボーダーのワンピースに羽織るだけで、ぐっと色っぽい雰囲気になります。ボーダーとデニムの組み合わせは最強の組み合わせなんですよ♪ぜひ試してみてください。


 

例えば、ルームウェアにデニムジャケットをさくっと羽織るだけでもこなれ感が漂います。のっぺりしそうな退屈コーデの時はぜひデニムジャケットを投入してみてください。


 

着やすくてお気に入りのため、何度も何度も同じコーデになってしまいがちなときは、デニムジャケットを羽織るだけでちょっと新しい風を感じます。グレーとデニムの組み合わせも大人の雰囲気がでてかっこいいですね。


 

かなり薄めのカラーのデニムジャケットを羽織ります。プリントTシャツはスリムデニムにインして、足首をすっきり見せるスタイルは脚長効果があります。黒のヒールでさりげなく女っぽさアピールを♡


 

ショルダー部分に飾りのついたきらびやかなデニムジャケット。ハードなかばんや靴によくあっていますね。


 

赤の差し色が大きなファッションポイントとなっています。ボーダーも赤もデニムにはよくあいます。色や柄選びにセンスが感じられる素敵コーデです。


 

技あり!腰巻デニムジャケット

シンプルなカッターシャツにローファーというボーイズライクなスタイル。腰にデニムジャケットを巻くことでメリハリがつきますね。


 

緑がきれいなカジュアルトレーナーにざっくり巻きつけたデニムジャケット。グレーのニット帽がキュートなカジュアルコーデを実現しています。


 

 

トップス、ボトムスともに体のラインがくっきりとでるようなフィット感が強いスタイルの場合は、目線を散らすためにも腰にジャケットを巻くと安心ですね。


 

こちらもボディラインがくっきりとわかるようなスリムワンピースなので、腰にデニムジャケットを巻くことでこなれ感がでるだけでなく、程よくカバーしてくれるので便利なんです。


 

ユニークなデザインのワンピースにデニムジャケットを巻くことでちょっとハードさが加わったコーデ。足元はアディダスの鮮やかな赤のスニーカーでアクセントをつけましょう。


 

裾ひろがりのトップスに、同じく裾広がりのボトムスでレトロな雰囲気のトレンド感満載コーデです。ここにデニムジャケットを腰に巻くというチョイスをするセンスがさすが!ですね。


 

まとめ

いかがでしたか?小技の効いたデニムコーデ。海外のお洒落ガールのセンスの良さには脱帽するばかり!腰巻、肩掛け、どちらがお好みですか?上下の組み合わせ、色の組み合わせ、小物使いなど、ぜひ参考にして秋冬のデニムジャケットコーデを楽しんで下さい。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!