せまい水回りを広く見せよう!しかもおしゃれに見える鏡の使い方とは?

水回りはどうしても狭いもの。しかたないとはいえ、ちょっとでも広く見せたいですよね。そんな時には鏡を使ってみては?鏡には空間を広く見せる効果もあるんです。実用的でしかもおしゃれに鏡を使っている水回りのインテリアコーディネイトを集めてみました。

2016/10/17 更新
せまい水回りを広く見せよう!しかもおしゃれに見える鏡の使い方とは?

水回りはどうしても狭いもの。しかたないとはいえ、ちょっとでも広く見せたいですよね。そんな時には鏡を使ってみては?鏡には空間を広く見せる効果もあるんです。実用的でしかもおしゃれに鏡を使っている水回りのインテリアコーディネイトを集めてみました。

鏡があれば空間を広く見せられる

スペースを節約

収納ボックスの扉が鏡になっています。収納ボックスと鏡のスペースを確保する必要がないので、一石二鳥といえるアイデアですね。しかもすっきりするので、スタイリッシュ。


 

広告

 

鏡の枠を壁のテイストに合わせてみる

鑑と壁の色が似ているので、おしゃれに仕上がっています。どこかカントリー風なのがいいですよね。


 

木の枠がおしゃれ

こちらも収納ボックスの扉が鏡になっています。シンク下の収納とあわせて、鏡の枠も木製に。統一感がありますよね。


 

鏡を大きくして室内を広く

シンクの横の壁いっぱいまで鏡を取っているので、洗面所そのものが広く見える効果があります。窓からの光も入り込むので、とても開放的な空間になっていますね。


 

あえて鏡1枚で

木をふんだんに使ったインテリアですが、あえて鏡は枠なしで。木製の枠でかたどってしまうと、どうしても光が暗くなりがち。シンク上のライトも淡い光なので、あえて明るさを選んでいます。


 

周囲のテイストに合わせて

マリン風のインテリアに合わせて、鏡も船を連想させる六角形に。遊び心がとってもあふれていますね。


 

おしゃれな楕円形を

シンク横のデザインに合わせて、鏡も楕円形のものを。藍色のデザインがメインとなっているので、鏡の枠は主張しないシルバーフレームになっています。


 

モザイクが可愛い

枠のモザイクがとてもきれいでかわいい鏡です。ピンク色の棚といい、女の子が大好きなインテリアデザインですね。こんなシンクで毎日顔を洗いたいですよね。


1 2

シェアしよう!