ヒンメリ(Himmeli)って知ってる?フィンランド発の伝統的「モビール」をDIYしてみよう

あまり聞いたことがない「ヒンメリ」。ヒンメリは、麦わら(ストロー)で作られたモビールのことで、実はフィンランドの伝統的な装飾品。いまもクリスマスなどで使われる、幸運の象徴なんです。

2016/11/15更新
ヒンメリ(Himmeli)って知ってる?フィンランド発の伝統的「モビール」をDIYしてみよう

ヒンメリってどんなもの?→発祥はフィンランド

出典:http://gakken.jp

あまり聞いたことがない「ヒンメリ」。ヒンメリは、麦わら(ストロー)で作られたモビールのことで、実はフィンランドの伝統的な装飾品。いまもクリスマスなどで使われる、幸運の象徴なんです。


 

ストローを紐でつなぎ、幾何学を作る

出典:http://gakken.jp

どうです?とても知的で美しいフォルムですね♪壁に落ちる影も、モビールならではのゆっくりとした変化があって幻想的です。


 

広告

 

タッセルをつけてクリスマス風に

出典:http://gakken.jp

ポイントにデコレーションを付け足すと、季節感ある味付けも可能に。クリスマスやハロウィンなどで、ちょっと見たことのない装飾としても使ってみたいですね☆


 

ヒンメリはこうして作られる

出典:http://gakken.jp

ヒンメリは、ストローを紐でつなぎ、8面体を基本として組まれていくものです。材料はとてもシンプルで、簡単に揃えられるもの。女性向けのクラフトとしても紹介されています。


 

基本となる材料

麦わらストローが伝統的なヒンメリの材料。自然な黄金色というのでしょうか、温かみがあって豊かな揺らぎがあります。あまり見たことはないかもしれませんが、ネットで販売されているので、こだわってつくるならGETしてみてください。


 

100均でもOK

大きなサイズものや、大量に作りたいときは、物量メリットのある100均へGO。プラスチックだけではなく、紙のストローももちろん使えます。


 

あると便利なので是非用意しましょう

ストローに紐を通す際の、「糸通し」はとっても便利。ストローが長くて、洋裁用のものが使えないことがありますので、針金などで自作しましょう。


 

材料はこんな感じです

そしてストローの長さを測る定規があるといいですね。ハサミはストローをカットしたり、糸を切ったり。材料は非常に軽量ですね~必要なのは根気の方です。


 

基本形を作ってみましょう

同じ長さのストローを12本、こんな風に繋いでいきます。


 

片方のの頂点を組んで立体に

端部を結び合わせ、ベースの四角形を組むようにすると、片方の頂点ができあがります。


 

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。