ワークスペース&デスクコーナーを一新☆作業がはかどるインテリアコーデ集

日本では新しく物事がはじまるのは「春」というイメージが強いかもしれませんが、世界的に見ると新学期や進級は「秋」だという地域が多いです。それに倣うというわけでもないのですが、「秋」に模様替えやお片付けをすることによって、停滞しているものをスッキリさせることができるのではないでしょうか?

2016/09/30更新
ワークスペース&デスクコーナーを一新☆作業がはかどるインテリアコーデ集

日本では新しく物事がはじまるのは「春」というイメージが強いかもしれませんが、世界的に見ると新学期や進級は「秋」だという地域が多いです。それに倣うというわけでもないのですが、「秋」に模様替えやお片付けをすることによって、停滞しているものをスッキリさせることができるのではないでしょうか?キレイでスタイリッシュなお部屋になれば、作業効率やモチベーションもグッとあがりますよ!

スッキリ&スタイリッシュ♪居心地よく、能率よく、理想のワークスペース

楽しい雑貨に囲まれながらもスッキリ♪

木調で揃えて、机やいすは極力シンプルなデザインで飾った雑貨が活きていますよね。


 

白を基調で明るい勉強部屋

白を基調に、家具や雑貨などの色も「木調、白、黒」でまとめることにより、雑然としがちなワークスペースが「個性的なのに整然としている」という気持ちの良い環境になっていますね。


 

広告

 

柔らかさとスッキリ感のある家具

クローゼットだったところに、デスクを置いてワークスペースになりました。「仕事や勉強のコーナー」として家の中でハッキリとしたゾーニングがされ、作業に集中できるエリアとなっています。椅子や引き出しのシンプルでありながら曲線のあるデザインが優しさのある空間をつくりだしています。


 

マスキングテープアートで個性的なコーナーに

塗装が剥げかけたような木調の渋いテクスチャーがクールです。マスキングテープの木がお部屋を個性的に仕上げています。


 

カラボと木板で簡単ワークスペース

2つのカラーボックスを使って、その間に木板を渡してデスクをつくりました。カラボをくすんだグリーンにしたことによって落ち着き感が出ています。下の方の動物のシルエットのワンポイントもオシャレです。


 

白+カゴ+木製品で、ナチュラルな雰囲気

すっきりとシンプルなデザインですが、明るいベージュのカゴの引き出しでナチュラル感がでています。


 

書類ケース(ファイルボックス)を使うとスッキリ

無印良品や100円ショップ、事務用品店などで、「ファイルボックス」をまとめ買いして書棚に並べて活用するとスッキリ館がでます。書類ばかりでなく、小間物を入れてもOKですよ。


 

センスを光らせて厳選した雑貨で統一感

何の思想やテーマも持たないで、ただ整理整頓しても、なんとなく生活感が出てスタイリッシュになりません。間に合わせで買った文具や旅行のお土産、何となく買ってしまった雑貨やもらい物などで、お部屋はどんどん雑然としてゆきます。きっぱりとしたポリシーをもって統一すると見事な調和が生まれるでしょう。


 

趣味のワークスペースはおもいっきり自分好みに仕立ててみましょう♪

いろいろな物が置かれているのに、独特の世界観のあるまとまった空間になっています。


 

押入れをワークスペースに改造!

押入れを机に改造して、広いデスクスペースにしています。


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!