大人のピンクはこうやって着こなそう!可愛いも上品もカッコイイも全て叶う☆

本当はピンクが好きだけど、だんだん上手に使えなくなってきたかも?というオトナ女子は結構多いようです。でもピンクって気持ちを明るくして顔色もキレイに見せてくる色なんですよね。ピンクもトーンや分量を調節すればオトナの色になるものです。上手にピンクを使っているオトナ女子を参考にコーディネートの幅を広げましょう。

2016/09/29 更新
大人のピンクはこうやって着こなそう!可愛いも上品もカッコイイも全て叶う☆

本当はピンクが好きだけど、だんだん上手に使えなくなってきたかも?というオトナ女子は結構多いようです。でもピンクって気持ちを明るくして顔色もキレイに見せてくる色なんですよね。ピンクもトーンや分量を調節すればオトナの色になるものです。上手にピンクを使っているオトナ女子を参考にコーディネートの幅を広げましょう。

ピンクってどんな風に着ているの?

スモーキーなパステル同士

出典:http://wear.jp

スモーキーなパステルカラーはオトナ向けの可愛い色。小物を黒にして全体を引きしめて。


 

必ず合うベージュ

出典:http://wear.jp

定番のベージュのワイドパンツとの組み合わせ。ピンク×ベージュはどんなトーンで使っても相性が良いですね。


 

広告

 

あえてスウェットを

出典:http://wear.jp

コンサバなピンクのニットにあえてグレーのスウェットを合わせてカジュアルダウン。こなれ感が今っぽい。


 

差し色としてのピンク

出典:http://wear.jp

カーキのロングコートの中に明るいピンクを。このピンクは全体的に渋くなりそうなファッションの差し色に丁度良いですね。


 

オトナの甘辛

出典:http://wear.jp

黒のライダース&ダメージデニム、小物類も黒という中に1点だけピンクのシャツを。甘さ控えめの甘辛ファッションはオトナ女子にいいですね。


 

重く見えそうな中にピンク

出典:http://wear.jp

アースカラーで全身を包んだ中のデニムジャケットと柔らかいピンクのニットが目を引くコーディネート。重たく見えがちな着こなしも色を抑えてスッキリ。


 

楽チンなのにきちんと可愛く

ラフなスタイルにロングのカーディガンを。ベージュに近いピンクでゆるく可愛く。


 

このピンクに合う色は…

出典:http://wear.jp

青みがかったパステルピンクにデニムとバッグの青がピッタリのスタイル。ピンクの色の傾向がわかれば合わせる小物も選びやすいですね。


 

オトナだからこそ着たいニュアンスのあるピンク

ベージュのようなピンクのようなふんわりとニュアンスのある色のニットは足元をコンパクトにしてバランス良く。


 

ピンク×黒も鉄板の組み合わせ

出典:http://wear.jp

ピンク×黒にハズレ無し。バッグと靴も色を抑えて上品な大人の着こなし。


 

1 2

シェアしよう!