雰囲気ががらりと変わる!目に心地よい配色のインテリアコーディネートを☆

お部屋って、気がつくと色んな色彩にあふれていますよね。でも2色、あるいは3色くらいの色彩ですっきりカラーをまとめると、 気持ちも落ち着きやすいですよね。 そこで、目に心地よいカラーの配色をいくつか集めてみました。

2016/05/30 更新
雰囲気ががらりと変わる!目に心地よい配色のインテリアコーディネートを☆

お部屋って、気がつくと色んな色彩にあふれていますよね。でも2色、あるいは3色くらいの色彩ですっきりカラーをまとめると、気持ちも落ち着きやすいですよね。そこで、目に心地よいカラーの配色をいくつか集めてみました。


 

広告

 

目に心地よい配色いろいろ

グリーンと茶

自然界にある土と木の葉の色の組み合わせなので、だれの目にもなじみやすい黄金の配色です。


 

ブルーと茶

大地と空の色。こちらもとても見やすい色です。


 

ブルーとグレー

灰と空の色。意外にシックな印象になる組み合わせです。


 

パイテルトーンのピンクとブルー

ヴィヴィッドな赤と青はケンカしますが、パステルトーンになると一気にやさしく心和む配色に。


 

ピンクとグレー

グレーは一見暗い色味ですが、ピンクや次のえんじ、ブルーなどと合わせると心地よい印象を生む色です。


 

グレーとえんじ

モノトーンの中に一点の赤、という広告はよく見かけます。グレーとの取り合わせだと赤の嫌みが消えてシックな華やかさが浮き立ちます。


 

パステルトーンのグレーとピンクとブルー


 

グレーとピンク、グレーとブルー、パステルトーンのピンクとブルーはケンカしないので、この3色も目に心地よい配色です。


 

イエローとブルー


 

ヴィヴィッドでちょっとぶつかりそうな2色ですが、グレーやホワイトなど無彩色の中にあると、刺激的でおしゃれな組み合わせになります。


イエローとオレンジ

こちらも似た色味のヴィヴィッドな配色ですが淡いグレーの通路を挟んでいるのでカッコよくステキな配色に見えます。


 

 

グリーンとパープル


 

こんなに濃い色同士ですが、意外にしっとりと落ち着いて見えます。上質な大人の雰囲気を出せる組み合わせです。


 

ブラウンとオレンジ


 

ブラウンとオレンジも、良い組み合わせです。ブラウンとピンクの優しい配色より快活で明るい印象になります。


 

まとめ

目に心地よい配色はいかがでしたか?さまざまな組み合わせがありますので、たとえば新生活を始めるとき、あるいは心機一転、模様替えや大掃除をするときなどに、お好みの配色を見つけて、お部屋をカラーコーデされると同じ部屋でも新鮮に感じます。ぜひごお好みの配色で、気分を一新されてみてください。


 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!