デスクを置いて大変身!デッドスペースをオフィスに活用するアイデア集

家のどこかにあるデッドスペースをデスクスペースに活用したインテリアをご紹介します。多くの場合、小さな空間を利用しますので仕事をするにはちょっと狭いかもしれませんが、パソコンをしたり本を読んだりするには十分です。趣味のスペースとして活用するにはぴったりです。早速、おしゃれなコーディネートをチェックしましょう!

2016/09/16 更新
デスクを置いて大変身!デッドスペースをオフィスに活用するアイデア集

デッドスペースを活用しよう!

家のどこかにあるデッドスペースをデスクスペースに活用したインテリアをご紹介します。多くの場合、小さな空間を利用しますので仕事をするにはちょっと狭いかもしれませんが、パソコンをしたり本を読んだりするには十分です。趣味のスペースとして活用するにはぴったりです。早速、おしゃれなコーディネートをチェックしましょう!


 

デスクスペースにぴったりの空間探し

部屋の角のデッドスペースは、意外と広さがありデスクを置くのに丁度よかったりします。最低限のものだけ置いて、パソコンスペースとして利用するのがよいでしょう。壁面収納を利用すれば本なども収納できて立派に変身するはずです。


 

広告

 

部屋の中だけでなく廊下の隅などさまざまなスペースを探してみましょう。狭小住宅であっても、角になっている部分は意外と活用できていないことが多いです。


 

階段の踊り場スペースも見逃せません。家によって広さや形状は違うかもしれませんが、あまり広くはないのが一般的ですので活用できるスペースがある家も多いのではないでしょうか。本を読むなどには十分なスペースです。


 

出窓もデスクスペースとして活用できます。出窓に何を置いてよいかわからないという人は、思い切って変身させてしまうのもよいでしょう。窓に物を置くのがいやという人は手前に小さな机やカウンターを設置するのもよいでしょう。


 

収納できるタイプのデスクであれば置ける場所も増えるのではないでしょうか。普段はしまっておいて使いたいときだけ机を出すのがよいでしょう。立派なデスクを置くにはちょっとスペースが足りないというような場合には、こうした壁面収納ができるタイプのデスクやラックを活用するのがおすすめです。


 

階段周りのデッドスペース活用法

階段下もデスクスペースとして狭小住宅を中心に人気があります。階段下といっても広々と使えるような家もあるでしょうから、壁面収納などを利用して上手にデスクスペースを作るとよいでしょう。


 

広ければふたり分のスペースを用意することも可能でしょう。ただ、物はたくさん置かずに常に整理整頓しておくのがおしゃれに見せるコツです。


 

ドームのようになったデザインもおしゃれです。グレーの壁が落ち着いた雰囲気で素敵です。好きな色にペイントしたりデコレーションを工夫するのも楽しいアイデアですね。


 

白壁だと大きくすっきりとして見えます。階段下の天井が高ければしっかり収納スペースを確保することもできます。


 

階段脇のスペースも活用したいですね。広さは家によってまちまちでしょうが、小さくてもデッドスペースになっている場合が多い場所なのでチェックしてみましょう。


 

隙間スペースを活用

クローゼットを活用するのもよいでしょう。小さな額に写真を飾ったりおしゃれな雑貨でかわいくデコレーションしましょう。


 

 

小さくても立派なデスクスペースです。かわいい壁紙を取り入れるなどすると自分好みのテイストに変身させることができます。椅子にもこだわるとお気に入りの場所としてさらにグレードアップするでしょう。


 

クローゼットではなくても、壁がへこんだ部分があればそこを活用するのもよいでしょう。モノクロでまとめたミニマルなインテリアが洗練された雰囲気にまとめています。


 

家具と家具の間の隙間をデスクスペースにするのもよいでしょう。デスクをはさむように大きな棚を設置すればたくさん収納することができます。


 

まとめ

小さなスペースでも必要最低限のものだけ置いてあるのでスッキリ見えます。狭いスペースは白を基調として広々と見せる工夫なども真似したいですね。どう活用してよいかわからないような空きスペースがある場合はぜひ取り入れてみてください!

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!