建築素材をUPCYCLE☆斬新なプロダクト「KATAMAKU」の魅力を紹介♪

K2mデザインという2人の建築家グループがデザインしたこのアクセサリー、「KATAMAKU」。海外でも紹介され注目を集めているようです。優しい、やわらかそうなこの素材は一体?静けさのある大人びたアートディレクションもすごく気になったのでPICK UPしちゃいます。

2016/09/16 更新
建築素材をUPCYCLE☆斬新なプロダクト「KATAMAKU」の魅力を紹介♪

今回紹介するのはこちら

出典:http://www.highsnobiety.com/

K2mデザインという2人の建築家グループがデザインしたこのアクセサリー、「KATAMAKU」。海外でも紹介され注目を集めているようです。優しい、やわらかそうなこの素材は一体?静けさのある大人びたアートディレクションもすごく気になったのでPICK UPしちゃいます。

 

広告

 

折り紙のような一枚の布から

出典:http://katamaku.jp/

これはペンケースを展開したところ。折り紙のように、一枚の布を折りたたんで作られています。注目すべきはその素材。建築家ならではの着眼点がユニークなんです。

用いられている素材は2種類あります。一つは東京ドームに代表される膜素材。これはガラス繊維(ファイバーグラス)を特殊な樹脂でコーティングしたもの。もう一つはテント倉庫などに使われるテント。ポリエステルを主体とした繊維素材なんです。

 

廃棄されていた部分をUPCYCLE

出典:http://katamaku.jp/

このような膜建築物では、必ず建築に必要な部分を切り取った跡に、捨てられてしまう端材が出ます。この(建築物にとっては)わずかな残りの部分が、今回のアイテム「KATAMAKU」に生まれ変わったというストーリー。余分を見逃さず、使い切り、美しいデザインとして蘇られているんです。

 

近づいてみてみると

出典:http://katamaku.jp/

とはいえ二つの素材、そちらも間近で見る機会はありませんよね。例えばスタジアムの屋根は、よく見るとこんな感じになっているんです。どちらの素材も、建築に使われるだけあって、耐久性、耐水性、耐火性も兼ね備えた丈夫なもの。プロダクトに変わることで、「長く使う」ことも視野に入ってきます。

 

組み立てて完成

出典:http://katamaku.jp/

どのプロダクトも、折る・差し込むなどの簡単な操作で組み立てられるようになっています。まさに折り紙ですね♪

 

商品紹介1:カードケース

出典:http://katamaku.jp/

カードケースは「スタジアムの屋根」素材でできています。胸ポケットから颯爽と出す…カッコイイですね♪

 

優しい風合い

出典:http://katamaku.jp/

金具などは一切なく、化学繊維なのにどこかナチュラルな表情。税込¥1,944。

 

商品紹介2:ドキュメントフォルダ

出典:http://katamaku.jp/

ビジネスシーンではステーショナリーを見せることもひとつのプレゼンテーション。感度の高さをアピールできるかもしれません♪

1 2

シェアしよう!

著者名

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。