秋冬に活躍間違い無し☆ボウタイブラウスでレディな着こなしをつくるコーデ集

レディな秋冬トップスといえば、ボウタイブラウス。タイは一結びして垂らしたり、リボンにしたりとアレンジ可能♡春夏の「メンズライク」や「襟を抜く」着方もかわいかったけど、秋冬はボウタイブラウスできっちり女性らしい着こなしを楽しみませんか?

2016/08/31 更新
著者:
秋冬に活躍間違い無し☆ボウタイブラウスでレディな着こなしをつくるコーデ集

脱メンズライク。レディな着こなしこそ美しいんです♡

レディな秋冬トップスといえば、ボウタイブラウス。タイは一結びして垂らしたり、リボンにしたりとアレンジ可能♡春夏の「メンズライク」や「襟を抜く」着方もかわいかったけど、秋冬はボウタイブラウスできっちり女性らしい着こなしを楽しみませんか?


 

本命は無地シフォン生地+共布タイ

素材や小物次第でラグジュアリーに

鮮やかグリーンのボウタイブラウスは、やわらかなシフォン素材。秋冬注目のアニマル柄のベルトや、ゴールドのブレスレット&ウォッチのダブル使いでラグジュアリーな雰囲気に。ボトムスのスカートと大きめのバッグをブラックで統一させて重みを出しているのも、秋らしくて◎です。


 

広告

 

シルクの光沢がまぶしい、シルクシフォンのボウタイブラウスを着たコーディネート。ボトムスはチノ素材のワイドパンツを着ています。シューズが全く見えない丈なので、とっても足長。ブラウス&パンツのスタイルなのに、シルクシフォンのボウタイブラウスなら、パーティーだってOKのスタイルが作れますよ。


 

オフィスウェアにもなるのが無地ブラウスの強味♡

オフィスで働く皆さんには、化学繊維の扱いやすいシフォン素材のボウタイブラウスがおすすめ。短めにタイを留めれば、仕事中邪魔になることもありませんよ。パンツスタイルでも女性らしさが強く残るので、好感度の高いオフィスファッションが簡単に作れます。


 

 

出典:http://wear.jp

辛口なネイビーのボウタイブラウスには、ひざ下丈のプリーツスカートがぴったり!今季人気の細かいアコーディオンプリーツが特に◎です。オフィスで着るなら、やっぱりタイはコンパクトに留めることが必須。ゆるく結んだエレガントスタイルはオフの日に楽しみましょう♡


 

オフの日は、デニムをあわせると◎

出典:http://wear.jp

ボウタイブラウスを買ったなら、オフィス専用にせず、ぜひオフの日にも着てください!あわせかた次第でまるで雰囲気が変わりますよ。簡単にコーディネートできるのは、やっぱりデニムをあわせるスタイル。シューズもパンプスのままでOKなので、違和感なくコーデできます。デニムにブラウスをタックインすると今年らしいですよ。


 

本格的な秋が訪れたら、ジャケットやコートを羽織って

ここまではジャケットのない、オフィス内や初秋に着るコーデを紹介してきましたが、ここからはボウタイブラウスをインナーにした着こなしをご紹介します。

 

まずはトレンチコートをあわせたスタイル。ボウタイのタイはゆるく一結びしています。シンプルですが、女性らしさもあって素敵ですよね。ジェーンバーキン風のコーディネートです。


 

出典:http://wear.jp/

こちらはライダースジャケットをあわせたコーディネート。ライダースといっても革素材ではないようです。コンパクトなじゃけっとなので、ボトムスはワイドパンツがぴったり。ボウタイブラウスの雰囲気に合わせた生地感の、フェミニンなコーデになっています。


 

出典:http://wear.jp

これから冬に向けて活躍するダウンジャケットを羽織ったコーディネート。ボウタイブラウスのフェミニンな雰囲気と、ダウンジャケットのアウトドアテイストな雰囲気がMIXされて、おしゃれですね。きちんと感のあるアイテムがブラウスだけだと浮いてしまうので、足元もレザーのローファーにしてバランスをとっています。


 

オフをキュートに過ごすなら、柄物がおすすめです!

一枚できるのはちょっと照れくさい人も多い、水玉模様。でもこんな風にジャケットのインナーにすれば、キュートなMIXスタイルが作れますよ。特に革ジャンとの相性は◎です。ライダースなどレザージャケット愛用者には思いっきりキュートな水玉模様のボウタイブラウスをおすすめします♡


 

取り入れやすい、植物柄のボウタイブラウスです。リボンもかなり大きく、柄も赤なのですが、植物柄だとわかれば抵抗なく着られますよね。秋冬は明るい色を着なくなってくるので、こんなキュートな柄物もあえて取り入れたいですね。


 

トレンドを強く意識するならチェック柄

出典:http://wear.jp

どこか懐かしい印象の大きなタータンチェック柄のボウタイブラウスです。緑と青の入ったこのタータンチェックはスクールテイストになりがちですが、ボウタイブラウスなら子供っぽく見える心配はありません。


 

 

出典:http://wear.jp

よりカジュアルな印象のチェック柄ボウタイブラウスです。そこにデニムとアーミーテイストのジャケットをあわせているので、さらにカジュアルに。大人っぽく見せるポイントは、ヒール高めで黒のラウンドトゥパンプスと、同じく黒のバッグです。


 

個性派があわせやすいのは、白コットン素材

個性的なデザインの、綿白ボウタイブラウスです。見たことのないフォルムのトップスですが、実は「袖が長い」というのも注目のディティール。簡単には取り入れられなっさそうですが、シンプルに着れば意外とさまになりますよ。個性派ファッションが好きな人におすすめ。


 

出典:http://wear.jp

上の写真ほど袖が長くなくても、袖が長めの白ボウタイブラウスは個性的に着やすいアイテムです。というのも、他のアイテムにインパクトの強いものを使いやすいから。上の写真のように、主役になれるボトムスがあるときには、他は控えめに、白や黒でまとめると◎ですよ。


 

ボウタイブラウスで女っぽコーデを再び♡

ボウタイブラウスは、スカートやフリル・レースと同じく女性だけが身に着けられるもの。オーバーサイズなシャツも素敵だけど、これから寒くなるのに「襟をぬいて」いては見た目にも寒々しいです。カジュアル派もオフィスで働く方も、みんなが取り入れやすいボウタイブラウスで、周りに差をつけるレディな着こなしを始めませんか?


 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!