そろそろ準備♪心地よく過ごせるおしゃれなラグマットがあるお部屋集☆

ペタペタと裸足で歩くと気持ちが良かったフローリングの床も、移り行く季節と共に、ヒヤリとした感触に変わってゆきます。そこで、そろそろ用意をしたいのがラグマットです。温かなお部屋に敷かれたラグマットの上で横になる。。最高に気持ちがいいものですよね。今日は、おしゃれなラグマットのあるお部屋をご紹介させていただきます。

2016/08/24更新
そろそろ準備♪心地よく過ごせるおしゃれなラグマットがあるお部屋集☆

ペタペタと裸足で歩くと気持ちが良かったフローリングの床も、移り行く季節と共に、ヒヤリとした感触に変わってゆきます。そこで、そろそろ用意をしたいのがラグマットです。温かなお部屋に敷かれたラグマットの上で横になる。。最高に気持ちがいいものですよね。今日は、おしゃれなラグマットのあるお部屋をご紹介させていただきますのでご覧ください。

ラグマットのある暮らし。。

ラグマットが敷かれたお部屋をご紹介する前に、ラグマットについてのお話に、少しの間お付き合いください♪

海外では必ず敷いてあるラグマット

海外では、必ずと言ってよいほど、床に敷いてあるラグマットですが、その上を土足で歩き回るって、かなり抵抗があると感じたことはありませんか。家の中でも靴を履いたまま生活する欧米の方にとって、ラグマットは、靴の汚れや埃を取ってくれる重要なアイテムです。さらに、靴の足音を消音してくれるという役割を果たす、なくてはならない存在なのです。


 

ラグマットのメリット

家の中で靴を脱いで生活する、わたしたち日本人にとっても、ラグマットを敷くメリットはたくさんあります。埃や、部屋の中で飼っているペットの毛は、フローリングのままですと、空気が動くたびに舞い上がってしまいます。ですが、ラグマットを敷くことによってマットに吸着し、いちいち浮かび上がってくるということが、格段と少なくなります。マットに吸着した埃やごみは、掃除機で吸い取ってしまえばOK。その際、マットの表面だけではなく、マットの裏と、敷かれていた床も掃除することを忘れないでくださいね。


 

広告

 

心地よく過ごせる。。おしゃれなラグマットがあるお部屋

埃を吸着してくれるメリットがあるラグマットです。ここからは、ラグマットがあるお部屋を、マットのカラー別にご紹介させていただきます。

やさしいカラーで温かみを

まず最初にご紹介するのは、やさしいカラーのラグマットで、温かみのあるお部屋になったコーディネートです。木製のテーブルも、白木に近いカラーをチョイスして、全体的に明るくやさしい雰囲気にまとめています。


 

ラグとクッションを、落ち着いたローズピンクにカラー合わせ。そこに、ベージュのソファがアクセントのように置かれているという、おしゃれなリビングです。窓や壁、ライティングなどが白で統一されているため、逆にラグの温かみが強調されて素敵です。


 

白っぽいカラーですっきりと

部屋の中に様々な色を使いたい時は、ラグの色を白っぽいカラーにするとすっきりと落ち着きます。


 

比較的出ているモノが多いお部屋でも、やはりラグは白っぽいタイプを選ぶのがベターです。


 

モノトーンで北欧風テイストに

モノトーンのラグを敷いた、北欧テイストのお部屋です。寒くて長い冬が特徴である北欧では、保温性の高いラグは、なくてはならないアイテムです。それと同時に、長時間過ごすお部屋の見た目を心地よくするという、重要な役目も果たします。こちらは、インパクトのある、ストライプ柄のラグ。壁に小鳥のデコレーションを施すなど、視線が下だけにいかないよう、工夫が凝らされています。


 

毛足の長い、踏み心地がよさそうな、ふかふかのラグマット。ソファの前に敷くのなら、こんなタイプのラグがぴったりですね。


 

モノトーンの配色で整えたお部屋なら、柄物のラグもしっくりと馴染じみ、心から落ち着ける空間を作ります。


 

パステルカラーで大人ガーリー

パステルカラーのラグを使って、ちょっぴり可愛い雰囲気を作ってみます。


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

innocent

innocent

北欧といい香りのするものが大好きな大人女子です。みなさまのhappyをお手伝いできたらうれしいです。