ティータイムだけでなく器として☆インテリアにも使える「カフェオレボウル」活用術♪

カフェオレを飲むために使われるカフェオレボウル。丸いぽってりした手のひらに馴染みやすい形はティータイムでもお馴染みです。そんなカフェオレボウルを普段使いにも使ってみませんか?器として、インテリアとして活用出来るカフェオレボウル。今回は、カフェオレボウルの様々な活用術をご紹介します。

2016/09/08更新
ティータイムだけでなく器として☆インテリアにも使える「カフェオレボウル」活用術♪

カフェオレを飲むために使われるカフェオレボウル。丸いぽってりした手のひらに馴染みやすい形はティータイムでもお馴染みです。そんなカフェオレボウルを普段使いにも使ってみませんか?器として、インテリアとして活用出来るカフェオレボウル。今回は、カフェオレボウルの様々な活用術をご紹介します。

 

広告

 

フランスのティータイムに欠かせない、カフェオレを飲むためのボウル

カフェオレボウルはフランスではよく使われている器です。フランス語で「ボウル・ア・キャフェオレ」と呼ばれ、そのネーミングの通り、カフェオレを飲むために使われています。フランスではコーヒーや紅茶もよく飲まれていますが、カフェオレを飲む時はこのカフェオレボウルに入れられています。カフェオレを飲む時に、両手で包み込むようにカフェオレボウルを持つので丸いぽってりとした形のものが多く見られます。また、デザインもカラフルでかわいらしいものも多く、アンティークのカフェオレボウルを集めるコレクターも多く存在しています。

 

カフェオレボウルが丸くて飲み口がお椀のように広いのは、カフェオレにパンをつけて食べるためだと言われています。フランスの人はその通り、カフェオレにパンを浸して食べることが多く、カフェオレを飲むためのカップとしてだけでなく、器としても使われています。

 

ぽってりした形とオシャレなデザインは食器としても大活躍

ぽってりとした丸い形がかわいらしいと日本でもお馴染みのカフェオレボウル。ティータイムにカフェオレを飲むカップとして使う他にも、お料理を盛りつけたり、デザート用に使ったり。実は幅広い使い方が出来る器としても人気なんです。フランス生まれのカフェオレボウルは、カラフルで明るいデザインのものやオシャレなデザインのものも多く、テーブルに置くだけでも明るい雰囲気になりますね。


 

ごはん茶碗として

丸い形がご飯茶わんにも似ているカフェオレボウル。ご飯をよそったり、どんぶりやお粥などを食べる時にもピッタリです。ある程度の深さもあるので、ご飯茶わんとして使われることも多く見られます。


 

スープボウルとして

本国フランスでもスープボウルとしても使われるカフェオレボウル。もちろんスープボウルに使ってもおすすめです。少し大きめのカフェオレボウルは、スープをたっぷりとよそうことが出来るので、ランチタイムなどにもピッタリですね。


 

サラダボウルとして

サラダをたっぷりと食べたい時、サラダボウルとして活用してみてはいかがですか?丸い形は野菜を盛り付けやすく、モーニングプレートなどでもテーブルを華やかに演出してくれます。ホワイトのカフェオレボウルは野菜の緑色が栄えて美味しそうに見せてくれます♪


 

お抹茶の茶碗として

カフェオレボウルをお抹茶を飲む時に使う抹茶碗として使ってみてはいかがですか?カラフルで洋風なカフェオレボウルだけでなく、和のテイストのデザインのカフェオレボウルも増えています。ほっと落ち着きたい時、お抹茶でティータイムをほっこり過ごすのもステキですね。


 

かき氷の器として

厳しい暑さが和らいで来てもやはり食べたくなるかき氷。おうちでかき氷を食べる時にもカフェオレボウルはちょうどいい大きさですね。おやつの時間にも使える器です♪


 

フルーツや野菜を盛る器として

ある程度の深さがあるので、果物や野菜を盛り付けておくにもピッタリです。みずみずしい果物をカフェオレボウルに盛り付けてテーブルの上に置いておくことが出来ます。食べたくなったらすぐに手に取って食べられるので、便利です☆


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

いおん

いおん

ジャンル問わず、個性がキラリと光る魅力あるものを紹介していきたいです。