窓辺のホットなインテリア♪いま人気のウッドブラインドの魅力をご紹介☆ 

ブラインドといえば従来はアルミ製が一般的でした。 でも温もりや高級感などから近年ウッドブラインドの人気が上昇しています。 窓はカーテン? ブラインド? ロールスクリーン? 迷われている方、必見です! ウッドブラインドのもつ魅力に迫ってみました!

2016/08/22更新
窓辺のホットなインテリア♪いま人気のウッドブラインドの魅力をご紹介☆ 

ブラインドといえば従来はアルミ製が一般的でした。でも温もりや高級感などから近年ウッドブラインドの人気が上昇しています。窓はカーテン? ブラインド? ロールスクリーン? 迷われている方、必見です!ウッドブラインドのもつ魅力に迫ってみました!


 

ウッドブラインドの魅力①ナチュラルインテリアとの相性がバツグン!

ナチュラルタイプとも相性抜群♡

ウッドブラインドは木製、となれば人気のナチュラルインテリアとの相性がバツグンです。木製ですが今はたくさんのカラーが出ているので、淡いトーンの白木家具ともぴったり合わせることができます。


 

広告

 

ブラウンタイプともピッタリ!

カラーが豊富なため濃いブラウン系ともバッチリ合わせられます。床や家具と統一することで、男前テイストを際立たせられる、力強い相棒になります☆


 

ウッドブラインドの魅力②アルミ製ブラインドにない高級感

従来のアルミ製ブラインドは、指で押すとへにゃっと曲がり、風に揺れてカシャカシャ…といかにもアルミっぽい音を立てたりの「ペナペナ感」が難点でした。でもウッドブラインドは木製のため、同じカラーでも重厚さと高級感がぐぐっとアップしています。リビングの見栄えや印象が違ってくるのです。これはウッドブラインドの大きな魅力のひとつですね。


 

木製なので和風、洋風、折衷を問わず合わせられることもメリットの1つです。いずれも部屋に高級感のある落ち着きを与えることができるのです。


 

ウッドブラインドの魅力③部屋の印象を変えられる力

こちらは北欧ヴィンテージ家具を置いたリビングです。ヴィンテージテイストに似合う濃いブラウン系の床やウッドブラインドがマッチし、またアクセントウォールのように白い壁とのメリハリも部屋に与えています。


 

上のウッドブラインドを巻き上げたところです。重厚感がうすれ印象が一変しましたね。このように、ウッドブラインドは下りた状態では、部屋の印象をも左右する力があるのです。窓外の風景が何かにかかわらず、室内を好みの印象に変えてしまえるのです。これがアルミとは違う、「天然木」のインテリアとしての、「疑似壁」の役割をも果たせる力強さです。


 

ブラインドの種類

ラダーテープ

ウッドブラインドの特徴を見ていただきました。次にウッドブラインドの種類をご覧いただきます。見た目から大きく2種類に分けられ、ひとつには、こちらの「ラダーテープ」というものがあります。はしご(に相当する羽根)をテープでつないだという意味ですが、ウッドブラインドは登場時、ほとんどこのタイプでした。羽根に穴があるからなのです。


 

羽根は紐でつないでいるため、穴が1つずつ空いています。ここから光漏れし、光の点線のように見えるため、それをテープでふさいだのです。羽根と別の色にできるためアクセントにもなると考えられました。

 

ラダーコード

けれど最近は「ラダーコード」という、このようなテープの無いタイプが人気が出ています。メーカーでも塗装で穴を目立たなくしたり、ここ2、3年は穴の無いタイプも開発されたりして、よりスッキリしたブラインドになる方向に工夫が進んでいるのです。


 

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!