いつもの飾り方に飽きたら。意外と手軽に出来るプランターのハンギングDIY♪

おしゃれなプランターのハンギング、手軽にDIYできるのをご存知ですか?定番のマクラメから、意外な素材の活用まで、アイデアをいくつか集めました。いつもの飾り方に飽きてきたら、気軽にチャレンジしてみませんか?

2016/08/05更新
いつもの飾り方に飽きたら。意外と手軽に出来るプランターのハンギングDIY♪

意外と手軽に出来る♪プランターのハンギングアイデア

おしゃれなプランターのハンギング、手軽にDIYできるのをご存知ですか?見た目の素敵さだけでなく、空間の有効活用ができ、通気性もUPするから植物たちにも優しい飾り方。定番のマクラメから、意外な素材の活用まで、プランターのハンギングアイデアをいくつか集めました。


 

いろんな素材で楽しむマクラメ

まずは定番、紐状のものを結んで作るマクラメのハンギング。難しい技術は必要なく、単純に結ぶことで完成するのでお子さんと一緒に楽しむのもおすすめです。結び方は色々あるようですが、今回は簡単そうなこちらをご紹介。


 

広告

 

マクラメといえばロープで作るのが一般的に良く見かける方法ですが、こちらはTシャツのようなニット生地を割いたヒモで作られています。新しい生地を用意してもいいし、これなら不要なTシャツのリサイクルでも応用できるかもしれませんね。


 

間隔を定規などで測りつつ、固結びをしていくだけ。ニット生地なら伸縮性があるから、多少の誤差があっても安定するのが嬉しいところ。色で遊んだり、素材を変えてみたり、ひとつの方法でも何通もの表情を楽しめます。

詳しい作り方はこちら


 

ミニサイズ

初めての挑戦なら、こんなミニサイズもおすすめ。人気のエアプランツや多肉植物を飾るのにぴったりです。贈り物にするのも素敵かもしれませんね。


 

基本的な作り方は先ほどのものと同じ。それでも、素材とサイズが違うだけでこんなに表情が変わるんですね。等間隔を確認しながら、丁寧に結びます。


 

トップの部分にはこんなリングをつけてまとめておくと、ちょっとしたところにヒョイっとかけられて便利。これならS字フックを併用すして、応用範囲を増やすこともできますね。

詳しい作り方はこちら


 

レザーで

お次は素材を変えて、ナチュラルなレザーでつくるハンギングのアイデア。お好みの革と、紐を用意します。穴あけ工具はあると便利ですが、なければカッターやはさみで代用しても十分です。


 

鉢底のサイズに合わせて、立方体の展開図のように形をとります。穴をあけて紐を通しますが、抜けてしまわないように端を固く結びましょう。


 

紐を一気に持ち上げれば、コロンとした形が可愛らしいハンギングの完成です。革なら端の処理をせず切りっぱなしでいいから、気軽にチャレンジできますね。フェルトで代用するのも素敵かも。

詳しい作り方はこちら


 

ストローと針金で

こちらは意外な素材、ストローと針金を使ったハンギングのアイデアです。よくあるプラスチックのストローですが、シルバーに塗装するとこんなに格好良くスタイリッシュになるんですね!エアプランツがよく似合います。


 

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!