リノベーションの参考に☆キッチン、サニタリースペースのトレンド紹介♪

リノベーションで必ずどうしようか悩むポイント、キッチンとサニタリースペースのインテリアトレンドを紹介します。

2016/08/02 更新
リノベーションの参考に☆キッチン、サニタリースペースのトレンド紹介♪

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

リノベーションでもメインに考えられるキッチンやサニタリースペース。おうちの中でもデザインだけではなく、機能面も重要なスペースですよね。こだわりをもってリノベーションしている事例から、いろいろとヒントを得てみましょう♪

フレーム+ウッドで作るスケルトンキッチン

対面キッチンだけがリフォームの花ではありません♪「壁キッチン」はスペース効率や壁面の美しいレイアウトからも検討したいアイデアのひとつ。後で使い方を考えられるオープンフレームはこれからのトレンドですね。


 

ステンレス×スケルトン

スケルトン天井でなるべく空間を広く、コンクリートむき出しにするならば、ステンレスの質感がよくマッチするんです。温もりを忘れないようにウッドを加えるのもオシャレ。


 

広告

 

ベンチシートタイプのダイニング

キッチン脇にこんなレイアウトでダイニングが設けられるの、すごくいいです!省スペースにもなりますし、キッチンからの動線もバッチリ。リビングで使うソファを兼用する手もあり。


 

窓と接していることもベンチタイプの条件

ベンチタイプのダイニングを設けるなら腰窓をそばに設けてあげると明るいブレークファストタイプのダイニングになりますよ♪


 

ステンレスと木のキッチンカウンター

ポイントは壁から突き出たミニサイズの吊り戸棚。中途半端なサイズながら可愛らしさ抜群。残りのスペースをきらりと光る照明に使っている点もオシャレです。


 

ステンレス主体でクリーンさのあるキッチン

キャビネットも冷蔵庫も、電子レンジなども「ステンレス」でまとめられているプロ顔負けのキッチンインテリア。とどめはレンジフードのスタイリッシュさ。プロっぽく無機質になってしまいがちなところ、サブウェイタイルなどで絶妙にホームライクに乗せています。


 

サイドダイニング

キッチンからダイニングを「横」に連続させるサイドダイニング方式。テーブルは固定になりますが、天板をそのままディスプレイ棚に活かすなど、デザインを伸びやかにする工夫が眩しいですね。


 

ウッドカウンターが増えている!?水回りの事例

ここからは水回りの事例。ウッドカウンターが増えているのは、キチンと水滴をケアできる意識の高いユーザーが増えている証拠ですね♪あとあとの自由度が極めて高い、オープンなカウンターにも注目です。


 

ラタン系の小物を合わせる

ナチュラル志向の高い水回りでは、相変わらずの人気があるラタン系の小物。ランドリーラックやタオルやボトル類のストレージなど、使い道はたくさんあります。カウンター下はやはりオープンにして置くのが広く見えますね。


 

リビングサニタリー

ひろびろとスペースを確保しておくことで心に余裕が生まれますよね。そのまま外に洗濯物を干せる連続性も使いやすいことこの上なし。大きな掃き出し窓が心地よいです。


 

家事スペースとして

キッチンから洗濯、洗面へのつながりが素晴らしい動線。家事スペースというくくり方ですね。


 

コンパクト、シンプル

お金を掛けなくても、オシャレなサニタリーは作れます。棚板を必要な部分にだけ掛ける、という割りきりに清清しさがありますね。


 

 

ランドリーパイプ付き

ランドリールームとしても活用したい水回り。最初から「ここに干す」と決めておくとレイアウトもスムーズに決まります。


 

バスリビングは窓を活かす

1日のリラックスタイムであるバスルームをリビング化したいという方も多いはず。天窓を設けて朝・日中に心地よく使えるバスルームはこれからのニーズが高そうですね。


 

過ごせるバスルーム

湿度の高さは植物の育成のしやすさでもあります。観葉植物などを誂えて居心地良く、バストレーでお肌のケアや読書もしながら楽しめます。


 

おわりに

いかがでしたか?機能性から、いかに居心地良く過ごすか、ということに価値観がシフトしている昨今。自分だけのバスルームやキッチンは一生モノの宝です。是非リノベーションの参考にしてみてくださいね♪

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!