夏だもの、たまには派手カラー着ませんか?気分も明るくなる、赤のすすめ♡

ついつい地味コーデばかりしてしまっていませんか?白・黒・紺にアースカラーばかり来ている方。たまには派手色着ましょうよ!夏の日差しを味方につけて、思い切って「赤」着てみませんか?強い日差しが魅力的に見せてくれますよ。赤1色から柄物、小物まで紹介していくので、身に着けられそうなアイテムを探してみてください。

2016/07/28更新
夏だもの、たまには派手カラー着ませんか?気分も明るくなる、赤のすすめ♡

灼熱の季節、思い切って暑さを楽しむファッションを!

夏だから、暑いから、ついつい涼しげを目指して白ばかり着ていませんか?オールホワイトのコーデや、オーバーサイズのシャツを着たコーデもかわいいけれど、たまには太陽を味方につけて、色鮮やかなカラーを着ましょう!ラテンなイメージで、色っぽくて少し気だるげな女性を気取ったり、バカンスを思い切り楽しむ元気なスタイルを作ると、暑くてつらい毎日も少し楽しくなりますよ。今回は鮮やかカラーの中でも赤に注目!朱からえんじ、ピンク寄りの色まで、色に幅があるので自分の得意な赤でコーデしてみてくださいね。


 

広告

 

赤1色!華やか無地アイテム

スカート

ぽこぽこと変化のある生地なので、赤のインパクトが抑えられています。色味は少しピンクがかった、やさしい赤です。フェミニンな雰囲気を作り出していますね。ラグジュアリーな大人のスタイルです。


 

真っ赤なひざ下丈タイトスカートは、黒と合わせてモードな雰囲気に。ラテンでもバカンス風でも、エスニックでもなく、黒でモードに着るのもおしゃれですよね。タイトなシニヨンも雰囲気に合っています。


 

パンツ

赤いストレッチのパンツだと、ちょっと抵抗が強い人が多いのではないかと思います。若いころ流行りましたからね…。そこで赤パンツは少しゆとりのある、こんなタイプがおすすめ!ピンヒールのハイヒールを合わせれば、ラテンないい女風のスタイリングに。


 

トップス

こちらはくたっとしたシャツ。カーキ色などでは今年よく見るデザインですよね。そこをあえて赤を選ぶと、ラテン風な印象に。こちらの赤はすこし暗めのトーン。さらにシャツの陰で色が暗くなるので、着やすいカラーです。子供っぽく見えないように、ピンヒールの靴をあわせると素敵ですよ。


 

肩出しトップスも赤だとぐんと華やかに!ボディコンシャスなスタイリングが、ラテンムードを高めます。女性らしさを思いっきり主張しても、下品に見えない秘訣は、露出量の調整。スリットは浅めで上品に見せています。


 

暗めの赤も、地模様のある赤も、モードな赤も全部着られる気がしない!ってひとには、えんじがおすすめ。写真のトップスのカラーです。「あずき色」に近い赤なら、普段鮮やか色を着ない人でも着こなせます。


 

赤分量ダウン。柄物なら取り入れやすいですよ!!

赤はどうしても派手で印象が強い色なので、少し分量を減らしたコーデもご紹介。赤以外の色も使われた、柄物なら着やすいですよ。

 

かっちりストライプ

赤と白のストライプが1:1の太さのシャツです。作りもしっかりした形なので、夏らしさは残っていますが、脱力感を全く感じさせないかっちりスタイルです。


 

ヒップラインをしっかり出した、ラテン風味のデニムスタイルです。上のシャツは赤白1:1でしたが、こちらは白地ベースに赤が2本ペアで入ったカジュアルなシャツです。素材も薄手なので、「かっちり感」のうすいシャツですよ。


 

カジュアルなボーダー

赤白ボーダーというと絵本のキャラクターのようになりがちなので、バランスに注意ですよ!こちらは白地に赤ボーダーのボートネックカットソー。赤はえんじ系の落ち着いたカラーなので、上品な印象です。ボトムスは股上深めのホワイトデニムです。スキニーではなくストレートデニムを穿くことで、リラックスムードに。


 

トップスも赤が入ったストライプシャツですが、ボトムスに注目。朱に近い赤を使ったマルチボーダーのタイトスカートです。ひざ下丈の長めタイトスカートですから、赤一色だとかなり派手になります。落ち着いたカラーのネイビーと組み合わせることで、少し落ち着いたアイテムに変わっています。


 

少し個性を出すのなら、赤白ボーダーをジグザグで。普通のボーダーよりさらに元気な印象に!派手柄にも見えますが、ひざ下丈のスカートにすると私たち世代が着るのにもぴったりですよ。


 

抵抗が強い人は、小物で赤を取り入れよう

赤一色から柄物の赤まで、服とコーデを紹介してきました。赤を着るのはとても素敵なんですが、どうしても抵抗がある人には、小物から赤を取り入れることをお勧めします!小物でも赤ならインパクト大!なので、ぜひあわせてみてくださいね。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!