暑い夏を涼しげに乗り切る!ボーダーを使ったコーディネート特集♪

パリジェンヌのように小粋にボーダーを着こなしたい!カジュアルだけどキュートで大人かわいい、そんな憧れのコーデをたくさん集めました。自分らしいボーダーコーデをぜひ探してみてくださいね♪

2016/07/19更新
暑い夏を涼しげに乗り切る!ボーダーを使ったコーディネート特集♪

夏でも爽やかに見えるボーダーのトップス。そんなボーダーのトップスをパリジェンヌのように小粋に着こなしたいですよね。オシャレなボーダーを使ったフレンチカジュアルのコーデをご紹介します♪

色々なボーダーのアイテムを見てみましょう♪

ボーダーとデニムのシンプルコーデ

出典:http://wear.jp/

ボーダーとデニムのシンプルなコーデ。ボーダーのラインは細めで、すっきりとした印象のカットソーです。ボーダーが細めの方が、他のアイテムとのコーデもしやすくて、夏は白地が多いとすっきり感が増しますね。クセがないデザインは、他のどんなデザインにもコーデしやすいのでおすすめです♪


 

広告

 

ネイビーのワイドパンツとボーダーカットソーは大人マリン!

出典:http://wear.jp/

ネイビーのワイドパンツにネイビーのボーダーカットソーは大人マリンです。トップスの裾はパンツにインして脚長効果を狙いましょう!ネックのチーフがポイントになっててかわいいです。ハットとバッグは同素材で夏らしいストロー。爽やかですね!


 

ブラックの楽チンパンツにブラックのボーダー♪

出典:http://wear.jp/

ブラックの楽チンパンツにブラックのボーダーは、楽チンなのにモード感があってカッコかわいいコーデです。落ち着いた印象のパンツはほどよい抜け感もあって、大人の夏のモードカジュアルです。堅くなりがちなブラックコーデですが、ハットがカジュアルにしてくれてますね♪


 

ネイビーのワイドパンツにブルーのVネックボーダーカットソー

出典:http://wear.jp/

ネイビーのワイドパンツにブルーのVあきボーダーカットソーは、ブルーの色味が夏にぴったりの爽やかな明るさで、Vあきなのも涼しげに見せてくれます。モカシンのシューズの色とベルトの色味を合わせてるおかげで、モカシンが全体にしっくりと合っていますね♪


 

ベージュの台形スカートにフリルスリーブのボーダートップス♪

出典:http://wear.jp/

ベージュの台形スカートにフリルスリーブのボーダートップスは、袖に動きがあって軽やかです。ボーダーのトップスとスニーカーのブラックを合わせてまとめてます。バッグの赤のチーフが効いてますね。チーフが在る無しでコーデは全く変わります。赤の差し色効果でかわいいです♪


 

ネイビーのパンツとボーダーのトップスとスタン・スミス

出典:http://wear.jp/

ネイビーのパンツとボーダーのトップス。脚もとのスニーカーはアディダスのスタン・スミス。ジージャンを羽織って、カジュアル感をより出してます。シンプルだけど上品で安心感のある素敵なコーデです♪


 

白のスカーチョとネイビーのボーダーは大人かわいいマリン♪

出典:http://wear.jp/

白のスカーチョとネイビーのリボンドルマンスリーブのボーダーは大人かわいいマリン。白のスカーチョが涼しげで、シャンパンゴールドのサンダルが、上品な大人のマリンカジュアルにまとめています。ボーダーのトップスもバリエーション豊富だとうれしいですね♪


 

モノトーンのワイドパンツとボーダーのトップス♪

出典:http://wear.jp/

モノトーンのワイドパンツとボーダーのトップス。ボーダーはピッチ太めもキュートですね。ベージュのハットがフレンチテイスト。素肌感のあるサンダルは夏らしさと抜け感を醸し出して、軽く見せてくれる優秀アイテムです。親子でペアがかわいいですね♪


 

ミモレ丈のブラックタイトスカートと7分のボーダーTシャツ♪

出典:http://wear.jp/

ミモレ丈のブラックのタイトスカートと7分のボーダーTシャツ。シンプルなタイトスカートはコーデのトップスによっていろんな表情に変わって楽しいですね。ボーダーTシャツとブラックのハイカットコンバースでフレンチカジュアルに♪


 

ブラックのワイドパンツにボーダーのロングカットソー♪

出典:http://wear.jp/

ブラックのワイドパンツにボーダーのロングカットソー。カットソーのすそはパンツにINして、トップをコンパクトに見せるとバランスがいいですね。バッグとハットの素材感を統一して夏らしさを演出すると、軽やかなな印象になりますね。赤のモカシンがコーデをパッと明るくしています!


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!