色使い小物使いが決めて☆キレイめスタイルでみせる大人の余裕♡

年齢を重ねてくると、無難な色使い小物使いにおさまりがちですが、ここはひとつ大人の余裕をみせつけちゃいましょう。色で遊ぶ、小物で魅せる♡大人の余裕コーデをご紹介します。

2016/07/14 更新
色使い小物使いが決めて☆キレイめスタイルでみせる大人の余裕♡

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

色で遊ぶ、小物で魅せる♡大人の余裕コーデをご紹介

服を購入するとき、同じような色ばかり選んでしまいませんか?小物を使う時、ワンパターンなコーデになっていませんか?冒険するのを躊躇していませんか?色のチョイス、小物の合わせ方などをかっこよく決めて、大人コーデを楽しみましょう。

 

トレンドのレース素材のパンツで♡

2016年春夏のトレンドの「レーススカート」はフェミニンで大人可愛いスタイルを作り出すので人気です。あえてパンツで活発な雰囲気をだしつつ、レース素材で可愛らしさも演出して大人可愛いコーデに♡


 

広告

 

真っ赤な原色を差し色に

ストールは夏でも大活躍しますよね。日除けになったり、冷房対策になったり。ぜひお出かけの際はもっていたいアイテムです。そのストールを無難な色をチョイスしがちですが、思い切った原色にすることでシンプルスタイルもいっきに華やかになります。


 

ふんわり揺れるヌーディーカラー

ふんわり揺れる素材のシャツはヌーディーカラーで大人っぽく決めましょう。ボトムは足首をすっきりだせる丈のパンツにします。足首とヒールで華奢な雰囲気がでてより女性らしい印象に。


 

子供っぽくならないサファリ感

どこかサファリ感漂うボーイズライクなかっこよさのコーデです。こういう場合、子供っぽさがでないように、首元にはブランド物のスカーフを巻いて、カバンは大ぶりの原色カラーで大人の余裕をみせましょう♪


 

いくつになってもピンクは取り入れたい♡

ピンクといっても、いろんなニュアンスのピンクがあります。淡くて薄いピンクのカーディガンをさりげなく腰に巻いて上品な差し色にします。甘くなりすぎないように足元は黒のヒールをチョイス♡


 

元気カラーのスカートを上品に履きこなす

遊び感覚たっぷりの鮮やかなオレンジのスカートが元気いっぱいに感じます。肌を露出しすぎないようにノースリーブの上に落ち着いたカラーのカーディガンを羽織ることでぐっと大人の印象になります。


 

ギンガムチェックには原色カラーがGOOD

爽やかに着こなせる白黒ギンガムチェックは原色カラーとの相性が抜群です。黄色や赤、青、緑、はっきりしたカラーを差し色に投入することでコーデ全体をお洒落に引き締めてくれます。


 

シンプルコーデだけどディテールにはこだわって

いっけん、白と黒のシンプルコーデにみえますが、黒のカットソーはレース素材になっています。美しい刺繍が施されてあったり、ちょっとしたデザインで差をつけるのが大人コーデ術です。ただの白と黒にしないところがポイントです。


 

色で遊ぶ余裕がかっこいい♡

大胆なカラーのスカートをチョイスします。その他はシンプルな白であわせています。カバンは上品な雰囲気のする上質なものをもつことで大人スタイルを完成させます。


 

ブロンズカラーの小物使い

白黒シンプルなコーデだからこそ、映えるブロンズカラーの小物たち。ゴールドチェーンが華やかさをプラスしています。カバンや靴などの小物類を上質なもので揃えるのも大人コーデですね。


キレイめカラーを差し色にする

肌の露出が気になるときやお洒落度アップのために羽織るカーディガンは無難な黒や白ではなく、思い切った原色をチョイスするのがお洒落ポイントです。きれいめカラーを差し色にして色を楽しんでみてください。


 

 

ハットとカバンをリンクさせる

ハット使いもお洒落にこなしたいですね。ハットは、カバンの色や素材と揃えることで全体がしっかりまとまってきます。派手になりすぎず、でも存在感を出せる小物選びを身に着けたいですね。


 

ふんわりスカートとカゴバッグ

ギャザーがたくさん集まったスカートに、厚底のサンダル、そしてカゴバッグという夏定番スタイルも、子供っぽくならないように色味をシックにおさえた大人コーデでまとめます。


 

ブラックワンピはアクセで遊ぶ

コーデがしやすいブラックワンピ。シンプルに着こなしたいけれど、あまりシンプルすぎると暗いイメージになってしまいます。そんな時はアクセサリーで遊んでみましょう。


 

パールxリボンxレースは女子力をあげます

女子力アップアイテムがふんだんに盛り込まれたコーデです。パールのネックレスにウエストにリボンのついたカットソー。レースのようなデザインのスカート。ちょっとしたパーティーやお呼ばれなど上品に、そして可愛らしく演出できるこの3アイテムをそろえると完璧ですね。


 

いかがでしたか?子供っぽくならずに、でも地味にもなりたくない。派手にもしたくないけど、無難なコーデにもなりたくない。そんな時は色使い、小物使いを意識してみてください。大人女子だからこそ似合う素敵なコーデを楽しんでください。

 

こちらもおすすめ☆

 

シェアしよう!