見つけたらとってもラッキー☆小枝から大物まで「流木DIY」の楽しみ方あれこれ

海辺や川辺などで見つける事が出来る「流木」。毎回どこでも出会えるとは限りませんか、見た目の良いものを見つけられたらとってもラッキーです☆小ぶりなものから大物まで、DIYのアイデアを集めました。

2016/07/14更新
見つけたらとってもラッキー☆小枝から大物まで「流木DIY」の楽しみ方あれこれ

自然で見つける宝物☆流木で楽しむDIY

海辺や川辺などで見つける事が出来る「流木」。水の流れによって角が落とされ丸みを帯びたその姿は、まるで自然のちからでつくられるアートです。


 

広告

 

そのままの形を楽しむのもいいけれど、気軽にDIYできるのも嬉しい流木。女性やお子さんの力でもチャレンジできる物が多いから、夏休みの思い出作りに、工作の宿題も兼ねてやってみたら一石二鳥です☆そんなアイデアの参考になりそうな画像を集めました。


 

下準備をしましょう

流木を見つけてきたら、手を加える前に下準備をしましょう。まずは、きれいな水で十分に洗います。


 

アク抜き

こちらは必ずしも必要な工程ではありませんが、汚れが気になる場合はアク抜きをしておくと安心です。ホームセンターなどで手に入る、市販のアク抜き剤を使うと便利です。こんなに色が出るんですね!

 

よく干す

一通り洗い終えたら、よく干して乾かすのも重要なポイント。湿気が残っていると、カビたりする原因にもなりかねません。お日様に当ててしっかりと乾燥させましょう。

 

小ぶりなものを集めて、簡単DIY

まずは、比較的小ぶりなものを集めてできるアイデアから。穴を開けて紐を通すだけの簡単DIYですが、とっても素敵なフォトコーナーの完成です。夏の思い出の写真を飾るのも素敵ですね。穴あけには、電動ドリルがあると便利です。


 

ウインドチャイム

こちらも同じく穴を開けて紐を通すだけのウインドチャイム、一番下にベルが付いています。真ん中に穴を開けて通すと、こんな風に角度を変えてくるくる回る姿がユニークです。流木だけでも十分ですが、雑貨など小物をプラスするアイデアも面白いですね。モビールにも応用できます。


 

ブックエンド

比較的太さがある場合は、こんなブックエンドもおすすめ。側面、底面を平らにしてくっつけていくだけですが、こんなに雰囲気のある仕上がりになるんですね。並べ順を考えるのも楽しそう。接着には、グルーガンがあると便利です。


 

グラスカバー

こちらはもっと細く小ぶりなものを集めたグラスカバー。リボンでキュッとまとめた姿も愛らしいですね。同じ方法で、鉢カバーやキャンドルホルダーなども作れます。


 

ヨットのオブジェ

流木のDIYでよく見かけるのが、ヨットのオブジェ。大きめの土台に、垂直に細い柱を立てて、お好きな生地や紙で帆を張ります。画像のものは縫ってあるみたいですが、ボンドなどで簡単仕上げても良さそうですね。


 

レースならブライダルシーンに

帆の素材を変える事で、表情の変化を楽しめるヨットのオブジェ。レース地を使えばロマンチックな雰囲気で、ブライダルシーンにもぴったりです。いつまでも飾っておきたい思い出の逸品になりますね。


 

ヨットのガーランド

ミニミニサイズのヨットなら、こんな風にガーランドにするのも楽しそう。簡単に作れるから、お子さんの工作の宿題にはもってこいですね。夏のインテリアを飾るのにぴったりです。


 

ボール

風船やビーチボールなどの土台を型に貼り付けていく、こんな空洞のボールもおしゃれ。中にライトを入れてもきっと素敵ですね。半分だけにして器やかごのようにして使う事も出来そうです。この場合も、接着にはグルーガンがあると便利です。


 

アクセサリースタンド

2つ、3つの流木を組み合わせてつくる、アクセサリースタンド。ブレスレットや腕時計の定位置にしたいですね。奥の枝を生かしたアレンジも素敵。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!