大人気ショップniko and …の家具ブランド「niko and … FURNITURE & SUPPLY」が気になる!

「niko and ...」が、満を持して「niko and ... FURNITURE & SUPPLY(ニコアンドファニチャーアンドサプライ)」という家具ブランドを2016年3月18日から本格的に立ち上げました。4つのカテゴリでエキサイティングに展開されています。どんなのか、4路線をちょっとご紹介しましょう!

2016/07/13 更新
大人気ショップniko and …の家具ブランド「niko and … FURNITURE & SUPPLY」が気になる!

人気の「niko and …(ニコアンド)」からついに本格的インテリアブランドが始動!

人気のショップ「niko and …(ニコアンド)」は、これまでアパレル中心に、雑貨やインテリア関係も充実、さらにライフスタイルの提案までを行ってきました。その「niko and …」が、満を持して「niko and … FURNITURE & SUPPLY(ニコアンドファニチャーアンドサプライ)」という家具ブランドを2016年3月18日から本格的に立ち上げました。4つのカテゴリでエキサイティングに展開されています。どんなのか、4路線をちょっとご紹介しましょう!


 

広告

 

LIVING TERRITORY SERIES(リビングテリトリーシリーズ)

インテリア初心者やひとり暮らしの人に向けた〈niko and … FURNITURE & SUPPLY〉のエントリーシリーズ。本格家具ブランドからきちんと提案されているのは嬉しいですね☆リビングを自分のテリトリーにし、家具を自由に組み合わせて楽しもうというコンセプト、ご一緒にのぞいてみましょう!


 

COUNTER TABLE(カウンターテーブル)

こちらはこのシリーズのカウンターテーブルです。ひとり暮らしの方の、ソファのサイドテーブルにも、またダイニングテーブルにも、ダイニングとの間仕切りにもなるレイアウト例です。


 

出がけにキッチンでいれたコーヒーを、スツールに半分腰掛けながら飲み、パンをつまみ、飲み終えたら玄関にダッシュする。そんなひとり暮らしの社会人の動線にぴたりと、ほどよい緊張感をもって寄り添っていてくれるカウンターテーブルです。


 

パソコンテーブルとしてもぴったりのスタイリッシュな薄さ。ワンルームでも壁付けすればほとんど邪魔になりません。アイアン脚の甘すぎない雰囲気で、クールなカッコよさをお部屋に演出してくれます☆


 

2P SOFA REST モケット(2人がけソファ/モケット)

このシリーズの2人がけソファです。モケットグリーンタイプは目にやさしい落ち着けるカラーです。ほかにファブリックタイプの4色もあります。帰った部屋に、北欧ヴィンテージふうのほっこりしたソファがあったらうれしいですね。このソファは背もたれが、座った人の肩口まであり、頼れるリラックス感が特徴です。ゆっくり背をあずけたら、1日の疲れが溶け出していく気分になれそうです☆


 

NEST TABLE(ネストテーブル)

こちらはコーヒーテーブル。北欧ヴィンテージ風のネストテーブルです。角丸で、ごつっと当たる部分がひとつもない優しいテーブルです。便利なのは、食事しながら新聞雑誌、汚れると困る仕事関係のものを広げられること。小さいテーブルをもう一つ下から引き出し、そこに広げることができるのです。同じ机の上で汚れる心配がありません。食事がすんだら、2つのテーブルを仕事机代わりに思うさま書類を広げることもできます。ひとり暮らしの社会人のライフスタイルに、ぴたりと合っている家具です。


 

CLASSIC DINER SERIES(クラシックダイナーシリーズ)

どこか懐かしいヴィンテージ感の漂う“CLASSIC DINER SERIES”。「ダイナー」って、何のことなんでしょう?


 

ダイナーとは…

「ダイナー」とは、50年代レトロスタイルの、アメリカの大衆食堂のことなんです。こんな感じの店、映画の中で見かけることありますよね。アメリカンダイナーは、昔から現在までぶらっとやってきて食事・コーヒー・スイーツ・お酒まで楽しめる庶民的なレストラン。時代に関わりなく愛される、アメリカ人の心の故郷のような食堂なんです。

 

そんなアメリカンダイナーの雰囲気を取り入れた「クラシックダイナーシリーズ」。見るからにレトロで肩肘張らずに食事を楽しめる雰囲気ですよね。でもこのシリーズは、「アーバン」つまり❝都会的❞なセンスも取り入れていて、気さくでいながら、スタイリッシュで洗練された雰囲気をもつダイニングでもあるんです。帰宅後や休日、家族でゆっくり、またおしゃれな気分で、食事を楽しむのにぴったりのダイニングスタイルですね。


 

COUCH SOFA・BENCH SOFA(カウチソファ・ベンチソファ)

こちらが上のダイニングのソファです。それぞれ別売りのカウチとベンチを接続することで、コーナーソファが作れます。カウチの肘掛けは左右お好きな側を選べるので、このようなカウチ×ベンチの組みあわせだけでなく、カウチ×カウチ、あるいはベンチ×ベンチなどの組みあわせも楽しめるんです☆


 

JAM-LDタイプでのご参考レイアウト例

こちらはほぼ同じスタイルの、「niko and …」でも取り扱っているJAM-LDというソファです。レイアウト例としてご参考ください。L字型にカウンター下に配置されたソファダイニング。アメリカンレトロな雰囲気で、いかにも居心地良さそうですね。


 

引きでご覧いただくと、まるでアメリカのダイナーの一角のようですね。食事もおやつも、みんなで話しながら楽しめそうです。


WHITE OAK SERIES(ホワイトオークシリーズ)

「ホワイトオークシリーズ」は、家族や友達をダイニングに集めたいとき、求心力となることを目的としたシリーズです。


 

 

天板は無垢オーク材。広々して気持ちのいい天板は、各々の個室にいる家族や、忙しくて集うきっかけをつかめない友達を、呼び集め迎え入れる包容力を備えています。


 

アイアン脚と組み合わせることで、無骨で男前な雰囲気になりますね。オイル仕上げの天板は、無垢材の野暮ったさが払拭され、ナチュラルでありながらスラリと都会的で、集まる人たちの期待を裏切らないルックスです☆


 

スツールとベンチはまったく同じ幅。お庭やホームシアターが自慢のお宅なら、片側だけに座って鑑賞するなんてことも。使う人の自由なニーズに応えられる遊び心のあるシリーズなのです。


 

192 CUSTOMIZE SOFA SERIES

192通りのカスタマイズが可能なこのシリーズは、1人がけから3人掛けまで自在という基本スタイルに加え、肘掛け、背もたれ、座面、脚部を別個に注文できるので、プレーンな肘掛けにこんなおしゃれなワンポイントでカフェスタイルの仕様にすることもできるんです。


 

同じ2人がけの形にカウチを付けられるパターンもあり、位置は左右どちら側でも選択可能なんです。


 

また背もたれや座面に、こういったくるみボタン+ステッチを採用し、クラシックな雰囲気に一変させることもできるのです。いずれも脚が高めで掃除しやすく、またホルムアルデヒドが現在世界最高レベルの低量で、シックハウス症候群を極力起こしにくい資材を使用したことも要注目です。長く使う家具で重視したい点ですよね。


 

まとめ

「niko and …」の新しい家具ブランド「niko and … FURNITURE & SUPPLY」のご紹介は、いかがでしたか? これまで「niko and …」で取り扱ってきた家具を厳選ピックアップしてオリジナルの改変を加えた印象です。4つのコンセプトのもとで展開されているのが新しく、それぞれのニーズやライフスタイルに合わせて検討できるようになっています。

店頭販売のみのものもありますが、オンラインでも多く入手可能ですので、ぜひいちど、「niko and … FURNITURE & SUPPLY」のHPものぞいてみてください。4通りの異なるライフスタイルが提案されているので、まずはその世界観を楽しんでみてください♡

niko and … FURNITURE & SUPPLY 公式サイト

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!