今年らしさ&女らしさを取り入れて♡誰より素敵にボーダーを着こなそう!

ママにも人気な定番ボーダー。大好きだけどイマイチあか抜けない。なんてことありませんか?ヘルシーさ、感じのよさ、元気になれるボーダー服を 誰よりオシャレに着こなしたい!今年らしいボーダーファッションと女らしさの取り入れ方を紹介していきます!

2016/07/06更新
今年らしさ&女らしさを取り入れて♡誰より素敵にボーダーを着こなそう!

ママにも人気な定番ボーダー。大好きだけどイマイチあか抜けない。なんてことありませんか?ヘルシーさ、感じのよさ、元気になれるボーダー服を誰よりオシャレに着こなしたい!今年らしいボーダーファッションと女らしさの取り入れ方を紹介していきます!

スカート合わせには″上までボーダー″がバランス良し

ボーダーとロングスカートが絶妙!

20160518080247439_500

出典:http://wear.jp/

エレガントなスカートにボーダーを合わせる時は、規則性のある、しっかり首までボーダー柄のものを選びましょう。視線が上がりスタイル良くみせてくれます。太めのボーダートップスに、白のロングスカート。インド綿の軽くてふわっとしたボリューム感とターコイズカラーのパンプスを合わせて女らしさUP。デニムのカチューシャとブルーのバンダナで一気に今年らしく!小物をブルーで統一することでバランスのとれたスタイルになります。


 

広告

 

20160519104646443_500

出典:http://wear.jp/

上までボーダー柄があるトップスと、スカート見えするスカンツを合わせたコーディネートです。鮮やかな黄色のバックと今年流行りのレースアップシューズを合わせていて、シンプルだけど今年らしさのあるコーデです。


 

20160518150517993_500

出典:http://wear.jp/

印象を変えたい時は、いつものカットソーとは違うボーダー柄のノースリーブトップスを取り入れましょう。いつもと違う雰囲気でオシャレにみせてくれます。ボーダー柄のノースリーブトップスで、白レーススカートの甘さが抑えられています。白のチェーンバックとベージュのサンダルを合わせて爽やかなワントーンコーデの完成です。


 

赤ボーダーor肌見せボーダーで極力女らしさ意識♡

肌見せボーダーで女らしさUP

20150408154949562_500

出典:http://wear.jp/

ハットをかぶったり、ビビットカラーのスカートを取り入れることで、オフショルでも肌見せ感が和らぎます。オフショルは露出が強めで苦手という方も、小物や色を上手に使って露出感を抑えることができます。


 

20160516004610250_500

出典:http://wear.jp/

今季は背中のあきが大きいデザインや、バックデザインが凝ったアイテムも多いです。本格的なオフショルダーデザインのものに手が出せなくても、ちょっとだけフィット&肌見せがとりいれやすい!オフショル未満の開きで女らしさをプラスしてくれます。


 

赤ボーダーで可愛らしさをプラス

出典:http://wear.jp/

定番のボーダー×デニムで一番気になるのは「ボーイッシュになりすぎる」ことですよね。「フレンチシック」再来の今年、赤ボーダーは流行アイテムでもあるのです。赤のボーダー×デニムで可愛らしさを加えましょう。


 

20160420144831004_500

出典:http://wear.jp/

赤ボーダーとベージュも相性◎ボーイッシュになりがちなワイドパンツとスニーカー合わせでも、赤いボーダーが可愛らしさをプラスしてくれます。


 

色やデザインを変えるだけで新鮮

グレー・黒ボーダーに変える!

20160602161152991_500

出典:http://wear.jp/

定番のネイビーもいいけど、グレーや黒のモノトーン系ボーダーならカジュアルさが軽減されてハンサムな印象に仕上がります。グレーボーダーとグレーのパンツを合わせてワントーンに仕上げることで、より洗練された印象になります。


 

20160514160113337_500

出典:http://wear.jp/

ボーダー×カーキは今季注目の組み合わせです。ネイビーだとカジュアルになりすぎるパンツスタイルも、白黒ボーダーとカーキのパンツを合わせてハンサムに仕上がっています。靴やバック、時計、メガネ等の小物にも黒が入っていて、カッコイイコーディネートです。


 

20160609064907441_500

出典:http://wear.jp/

こちらは黒ボーダーと黒ワイドパンツの組み合わせ。白と黒のモノトーンだからこそできるシンプルだけど大人なマリンスタイルです。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!