オトナの肌には輝きが必要。夏の手元にはブレスレットをプラスして。

10代のころよりアクセサリーが必要になった私たち。夏の手元にはブレスレットやバングルがないと淋しい。でもお気に入りのブレスレットかバングルがあれば、どんな夏の装いもクラスアップ!まだ持っていない人は、この機会にお気に入りを見つけましょう。ブレスレットかバングルがあれば私たちの夏ファッションは更に輝きます!

2016/07/04更新
オトナの肌には輝きが必要。夏の手元にはブレスレットをプラスして。

夏の手元にバングル&ブレスレットは必須

アクセサリーの力を借りれば輝きは取り戻せる!

オトナの女性にジュエリーが似合うのは、肌の質感が柔らかくなって光を反射しにくくなっていくから。もちろんゴテゴテとジュエリーまみれになっていくのが素敵とは言えませんが、私たちも少しずつアクセサリーの力を借りていきませんか?


 

広告

 

ちなみにブレスレットとバングルの違いは…

ブレスレットとバングル、どっちも腕につけるものですが違いが分かりますか??

 

留め具が付いているものをブレスレット、留め具が付いていないものをバングルと呼びます。この写真で言うと、一番大きいものはバングル。あと2本Cの字のバングルがあります。留め具ははっきり見えませんがチェーンのものはブレスレットですね。


 

メタルバングル

シンプルデザインを重ねづけ

トラベラーファッションの彼女は、2本のバングルと1本のブレスレットを重ねづけ。シンプルでミニマムなファッションがぐんと格上げされます。


 

こちらもカジュアルスタイルにバングルとブレスレットを合計4本重ねづけしたスタイル。ネックレスやピアスはせずに、バングルだけゴージャスにつけています。

ピアス・ネックレス・バングル、更にはアイウェアに帽子、アンクレットなど様々なアイテムを付けてしまうとtoo much。バングル重ねづけの日は場グルに重きをおいて、アイテム数は絞ってくださいね。


 

こんな細バングルなら気軽にトライできそう。腕時計はバングルと逆の手につけて、ごちゃごちゃさせないシンプルなコーディネート。まずはこんなバングルからはじめてみては??


 

出典:http://wear.jp/

こちらはたっぷりのバングルを両腕に分けてつけたスタイル。昔は腕につけるアクセサリーは片手に集中させていたと思うんですが、今は両手に分けるのが◎ここまでたっぷりでなくとも、シンプルなバングルを重ねるととってもおしゃれですよ。


 

ブレスレットのデザインは、シンプルな方が◎でもこの写真位のデザインなら、上品にまとまりますよ。パートナーと自分のイニシャルを♡で繋ぐとか…、照れない人はやってみてください。


 

時計との重ねづけも

時計とは別の腕にバングルを重ねるのがカワイイと書きましたが、もちろん時計と同じ腕だってOKです。時計のメタルカラーにあわせてバングルをつけると、ゴージャスですよ。反対の腕にも少しバングルかブレスレットを付けておくと更に◎


 

インパクトバングルを一つ。

出典:http://wear.jp/

オトナ女子に人気なのは、こんなインパクトのある太バングルをひとつ、腕につけたスタイル。デニムにスニーカーのカジュアルスタイルのときだって、この太バングル一つの存在感でぐんとオトナな印象に。


 

スニーカーでなくパンプスをあわせていますが、こちらもデニムのカジュアルスタイル。ドレスアップした時も使えるんですが、こんなかじゅあるスタイルの時こそ太バングルの存在感に助けられます。ただの日常着ではなく、おしゃれな日常着にランクアップしますよ!


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!