NYの流行が飛来なるか?スパッツを一枚で着るのが流行最先端☆

忙しい世代のみなさんへ、動きやすくて着心地も良いボトムスの提案です。それはなんとレギンス。レギンスパンツではなく、レギンスを一枚で着てみませんか?はじめは気恥ずかしいかもしれないけど、着心地もスタイルも、欲しいものをかなえられるボトムスなんですよ!レギンス(スパッツ)の一枚履きにいざ挑戦!

2016/06/29 更新
NYの流行が飛来なるか?スパッツを一枚で着るのが流行最先端☆

新・休日のおしゃれはレギンス一枚で!

リラックスしたい休日、皆さんどんなファッションで過ごしていますか?もちろんオシャレはしたいけど、楽ちんで動きやすくないと困りますよね。そんなOFFの日にぴったりなのが、「レギンスを一枚で履く」スタイルです。

 

足のラインが出るので不安かもしれませんが、トップスを選べば安心感もでるし、とにかく快適。移動の多い日もストレスが減りますよ。ぜひ一度試してみてください。


 

広告

 

まずはおうちでTRY!!

パジャマにするほど快適ではないけれど、まずはルームウェアをレギンスにしてその快適さを味わってみませんか?家事をするにも動きやすくていいですよ♡着なれてきたら、まずは「ちょっとそこまで」から挑戦。


 

オールブラックのコーディネート。部屋着にもなるし、ちょっとスーパーに出かけるにも◎もちろんアクセサリーと鞄をあわせれば街にでかけることもできますよ。重要なのはトップスの長さ!お尻は隠れないけど股は隠れるくらいが◎あまり長いと新鮮さがないし、あまり短いと気恥ずかしいですよね。


 

涼しげ夏のレギンスコーデ

オーバーサイズのシャツを着たスタイル。真夏の日差しが強い日は、こんなシャツを着た方が露出の多い服より涼しいですよね。シャツの丈はお尻は隠れないけど、股下まである長さ。これくらいの丈だとおしゃれかつ安心してレギンスを着こなすことが出来ます。


 

光沢のある素材のレギンスを履いたシンプルスタイル。足元は高めのヒールなので足長効果大!光沢のある素材は、足の陰影が強調されるので足が細く見えますよ。30デニールの黒タイツが足を細く見せるのと同じです。


 

出典:http://wear.jp/

すでにレギンススタイルを日本でも実践している人は結構います。じわじわ人気が広がっているところなんです。Tシャツ、デニムジャケットに足もとはスリッパサンダル。海が似合うアクティブなコーデです。


 

足長に見せるなら、やっぱりヒールが頼りになる

先程も太ヒールを履いたスナップがありましたが、どうしても足の形や長さが気になってしまう人はヒールを履くと◎当たり前のことですが、足長効果もスタイルアップ効果も絶大です。カラーはレギンスと同色だと更にGOOD。


 

こちらはオーガンジーの涼しげなブラウスをあわせたスタイル。ブラウスは長めで、お尻も隠れるくらい。でも透け感のある素材なので重苦しくはなっていません。ヒールが高めのサンダルを履いて、足長に。レギンスの裾はサンダルの足首ストラップ内側にありますよ。


 

春&秋コーデ

こちらの白黒スナップは、なんとB.Bことブリジットバルドー。花柄の派手レギンスを一枚で着こなしています。トップスは薄手のニットでしょうか。帽子、バレエシューズとアクティブな装いです。


 

晩秋の装い。日本でもおなじみの人気モデル、ミランダ・カーです。インナーのボーダーカットソーの丈が股下まであるので、あんしんして履けますよ。足元は同色のショートブーツをあわせて、更に足長に!


レギンスに少し長めのボーダーカットソーをあわせるのは鉄板コーデ。涼しくなってきたら、デニムジャケットにスヌードをあわせてアクティブなままあったかコーデに。上半身のボリュームが出ると、相対的に下半身のボリュームは気にならなくなります。


 

 

秋物のジャケットのなかでも、カジュアルなものなら簡単にレギンスをあわせることが出来ますよ。夏のレギンスコーデにジャケットを羽織るだけで、秋のレギンスコーデの完成!


 

コート&ニットと相性抜群なので真冬こそレギンス!

ニットやコートなど、ボリュームのあるトップスやアウターはレギンスとの相性が最高に良いです。にっとならお尻がちょっと隠れる丈が◎コートは丈を問わず、お尻も隠してしまうので、どうしても恥ずかしい人は冬まで待ってもいいかも。


 

コートを着ればお尻が隠れるので安心♡

出典:http://wear.jp/

個性的なコートも、レギンスで着こなせば難しいことはありません!どんなコーデもアクティブに見せるレギンスのチカラ!冬も夏場と同じレギンスでは寒いので、あったか素材のレギンスを履くかタイツを中に重ねてくださいね。


 

ハンサムな印象のチェスターコートも、ボトムスをレギンスにすればアクティブなコーデにはまります。足元のニューバランスが渋めの色なのも、オトナカジュアルにぴったり。主張は強くないけど、コーデを必ずアクティブに見せるのがレギンスのチカラ。


 

最新スタイルを自分のものにしちゃいましょう!

NYなど海外では、レギンスを一枚出来るのはセレブやモデルだけじゃなく、みんなの常識。着心地楽ちんで動きやすいレギンススタイルは忙しい私たちにぴったりのボトムスです。ぜひこの機会に、レギンスを一枚出来るスタイルに挑戦してみてください。


 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!