これでおしゃれにすっきり!!上手な本の収納インテリアレイアウト集☆

最近ではかさばらない電子書籍が普及され始めたとはいえ、やっぱり紙に触って読みたい人も多いはず。そのためのスペースをどうやって作るか意外と悩みどころではないでしょうか?そんな本を上手に収納した実例をご紹介します。

2016/07/07更新
これでおしゃれにすっきり!!上手な本の収納インテリアレイアウト集☆

最近ではかさばらない電子書籍が普及され始めたとはいえ、やっぱり紙に触って読みたい人も多いはず。そのためのスペースをどうやって作るか意外と悩みどころではないでしょうか?そんな本を上手に収納した実例をご紹介します。

本もインテリアの1つ

小説だけでなく漫画や雑誌などの本が好きな人の定番の悩みと言えば収納ではないでしょうか?そのまま積み重ねれば歩くのを邪魔しますし、インテリアとしても残念です。でもアイデア1つでおしゃれな空間アイテムとして使う事が出来るのです。


 

広告

 

 本棚を使って

やはり本の収納と言えば本棚ですよね。スペースが許すなら大きな本棚をでーんと構えたいものです。そんな時、気をつけなくてはならないのはしまい方です。びっちり隙間なく埋めるのではなく空間を作ることで余裕が感じられます。


 

こちらの本棚は斜めに角度の付いた本棚です。多くの本の収納には向きませんが、よく手にするものやこれから読む予定のものをこんな風に並べておけば見た目も良く、取り出しやすい効率のいいスペースになります。


 

こちらは本棚に本を平置きに並べています。こうすると不思議とレトロな本屋さんのように見えてきます。スペース的にもったいないと思う方も居られるかもしれませんが、こんな風に置き方を変えるだけで部屋の雰囲気はガラッと変わってしまうんですよ。


 

こちらは方眼紙で本にカバーをつけています。外国のインテリアのように英字のタイトルばかりなら、置くだけでオシャレに見えますがなかなかそういうわけにもいきません。そんな時はこんな風にカバーを統一してあげるとまとまった感じがしていいですよね。


 

こちらはリビングからダイニングに続く壁に本棚を設置しています。サイズの同じ文庫本を下段に詰めて、半分を洋酒スペースにしたり、斜め置きで違うサイズの本を並べてあげると圧迫感がなくおしゃれなスペースになりますね。


 

 隙間を利用して

本棚を置くスペースがない方は隙間収納をしてみてはいかがでしょうか。こちらのようにソファーの下をブックスペースにすれば、いつでも手が届きますし場所も取りません。カゴに本を入れているのも面白いですよね。


 

こちらは階段スペースをブックスペースにしています。手すりが設置していない壁ならこんな風に有効に使えたらいいですよね。雑貨を置いたり並べ方を工夫してみれば素敵なスペースになってくれます。


 

こちらも階段ですが、なんと裏側をブックスペースにしています。段差が逆になっていて、普通の本棚よりおしゃれな印象を受けます。そして、階段下に机を設置すれば、本棚が付いた立派な書斎になりますね。


 

こちらは出窓のスペースに木枠を置いて本棚にしています。出窓はおしゃれで可愛いですが、意外とスペースが余ってしまうのです。無雑作に置くのではなくこうやって枠を作ってあげればまとまりもあり、素敵なスペースになりますよね。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!