アメリカのクラシカルアイテム♡シーリングティンパネルを使ったインテリア

ティンパネルというアイテムをご存知でしょうか?レトロでクラッシックなこのアイテムはアメリカで100年以上前から使われている建材になります。シャビー系のインテリアがお好きな方に是非お勧めしたい一品です。

2016/07/13 更新
アメリカのクラシカルアイテム♡シーリングティンパネルを使ったインテリア

ティンパネルというアイテムをご存知でしょうか?レトロでクラッシックなこのアイテムはアメリカで100年以上前から使われている建材になります。シャビー系のインテリアがお好きな方に是非お勧めしたい一品です。

クラシカルとモダン

シーリングティンパネルとはティンシーリングやティンパネルとも呼ばれるアメリカ生まれのブリキ製の化粧パネルの事です。100年以上の歴史があり、海外ではアンティーク好きにもモダン好きにも人気のあるアイテムです。


 

広告

 

オブジェとして

アンティークなシーリングティンパネルは当時の流行に合わせた模様が施されてあり、レトロな雰囲気があります。また塗装されていることが多いので、そのはげ具合はシャビー感があります。そのため、置いてあるだけで存在感がありますよね。


 

こちらは部屋の一角にある棚の上にシーリングティンパネルが置いてあります。無雑作に置いてあるだけで、その独特の佇まいは空間のアクセントになっていますよね。また、他のアンティークのアイテムともとても相性がいいです。


 

こちらのシャビーシックなお部屋では置かれた大きな姿見にシーリングティンパネルが施されています。シーリングティンパネルの中にはモールドとして作られているものもあり、こんな風に使えばとても個性のある姿見になりますね。


 

壁に貼って

こちらはアンティークなシーリングティンパネルを大胆に壁に飾られています。本来、シーリングティンパネルはブリキ製であり、店舗などの化粧パネルとして作られているため、とても軽いので壁の装飾として使いやすいアイテムになっています


 

こちらはベッドルームの壁一面に様々なパターンのシーリングティンパネルが貼られています。サイズや模様が違うアイテムをこんな風に貼ると、まるでアートの様です。派手な色使いではないため統一感もあり、ベッドルームに最適ですね。


 

こちらは部屋にある仕切り壁いっぱいにシーリングティンパネルが施されています。実はこれは壁紙でシーリングティンパネルの模様が施されているのですが、これなら手軽に挑戦することができるのでとても便利だと思います。


 

家具として

こちらはベッドのヘッドボードにシーリングティンパネルが組み込まれています。アンティーク風に塗装された木枠との相性もばっちりです。ホワイトでまとめることで主張も強すぎず、色んなインテリアスタイルに合わせることが出来ますね。


 

こちらはグレージュに塗装をされたカップボードの背面にシーリングティンパネルがはめられています。シーリングティンパネルは建材のイメージが強いですが、こんな風に家具の一部として組み込んでもとてもおしゃれですよね。


 

こちらはシーリングティンパネルを大胆にも時計として使われています。レトロでクラシカルな模様が不思議と時計の地盤のようにも見えて、こんな使い方もあるのかと驚きます。これならどんなインテリアスタイルの家に置いてあっても部屋の雰囲気を壊すことがなさそうです。


 

まとめ

シーリングティンパネルの使われたインテリアはいかがでしたか?なかなか見かける事のないアイテムではありますが、じわりじわりと人気が出てきています。これを機に是非取り入れてみてもらえたらうれしいです。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!