バンヤードストームで探す!夏のキレイめカジュアルコーディネートまとめ☆

計算された抜け感が素敵な、「BARNYARDSTORM (バンヤードストーム)」。夏を目前にシンプルな着こなしを、「BARNYARDSTORM (バンヤードストーム)」のコーディネートからチェックしてみましょう♪

2016/07/06更新
バンヤードストームで探す!夏のキレイめカジュアルコーディネートまとめ☆

計算された抜け感が素敵な、「BARNYARDSTORM (バンヤードストーム)」。夏を目前にシンプルな着こなしを、「BARNYARDSTORM (バンヤードストーム)」のコーディネートからチェックしてみましょう♪

涼しげ夏スカートのコーディネート

ミモレ丈のプリーツスカート

出典:http://wear.jp/

風に揺れるミモレ丈スカートは、優しい雰囲気で魅力的。一つは持っておきたいアイテムですよね。ボトムスが黒ならトップスに白を持ってきて、大人の落ち着いた雰囲気に。ローファーで肩の力を抜いたコーディネートがいいですね♪


 

広告

 

白のマキシ丈スカート

出典:http://wear.jp/

白のマキシ丈スカートはエレガントなカジュアルに着こなすのがいいですね。白スニーカーで甘くなりすぎないコーディネートです。上下が白のときには、腰にさし色になる色のシャツを巻くと、ポイントになって全体がぼやけた印象になりません。


 

グリーンのフレアスカート

出典:http://wear.jp/

グリーンのスカートが知的な印象のコーディネートです。足元にシルバーのローファーを合わせれば、オシャレな印象に見えますね。クラッチバッグが軽やかな雰囲気に見せてくれます。


 

スポーティーなタイトスカート

出典:http://wear.jp/

ボーダーのトップスにすっきりしたシルエットのスカートを合わせて、足元はニューバランス!ニット帽とニューバランスはグレーで統一しているので、雑多な感じがせずまとまって見えます。シンプルなスカートにはカジュアルテイストをプラスすると地味になりすぎません。


 

夏のパンツスタイルをオシャレに

デニムとカットソーでカジュアルに

出典:http://wear.jp/

細身のデニムにニュアンスのあるソフトなグレーが、やわらかい印象に見せてくれます。やわらかい印象のトップスには、敢えてクラッシュデニムがオシャレです。白のスニーカーを足して爽やかな印象に。ハットやアクセを利かして。


 

ワイドパンツをすっきりと見せる

20150811154425842_1000

出典:http://wear.jp/

デニムのワイドパンツはボリュームがあるので、バランスを取るのが難しいですが、ボトルネックのノースリーブを合わせて、肩を出せば縦長効果ですっきりと見えます。シューズとバッグも黒で統一すると、まとまり感があるコーディネートになります。


 

ベージュのワイドパンツ

出典:http://wear.jp/

ベージュのワイドパンツに、白のTシャツを合わせたシンプルなコーディネートに、ニット帽とビーチサンダルをプラスすると、こなれたコーディネートに変わります。ちょっとひねりを利かしたコーディネート。自分らしさを表現するアイテムを使いこなしていますね。オシャレです!


 

柄イージーパンツのラクチンスタイル

出典:http://wear.jp/

爽やかな柄のイージーパンツに、シフォン素材とカットソー素材を組み合わせたノースリーブ。シフォン素材がきれい目の印象に、柔らかい素材感が女性らしさを演出してくれる優秀アイテムです。抜け感のあるボーイッシュなパンツにハット、女性らしさを感じる素材のカットソーと素足っぽいサンダルは、どこか女性っぽいベストなコーディネートですね。


 

夏のワンピースを自分らしく

シャツワンピを大人っぽく

出典:http://wear.jp/

カジュアルになりすぎて、意外と着こなすのが難しいシャツワンピース。胸元のボタンをちょっと深めに開けて、合わせる小物のバッグとシューズは、上質の革素材で統一感を出すと高級感と大人の雰囲気を出せます。髪はまとめて凛として、アクセをつけて隙のない雰囲気に。大人の女性を演出するコーディネートですね。


 

ボトルネックワンピでシャープな印象に

出典:http://wear.jp/

今年気になるボトルネックワンピース。ネイビーならキチンと感があって、使いやすいアイテムです。硬くなりがちなボトルネックワンピースに、カジュアルな雰囲気のクラッチを合わせて印象を軽くしています。サンダルはクラッチに合わせて明るめのヌードカラー。脚長効果もバッチリですね。ボトルネックで首が詰まったデザインだから、思い切って肩を出すと、夏でも重くなりませんね。


1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

関連タグ